TOPページへ
臨床スポーツ医学  2018年5月号(35巻5号)

筋膜への徒手療法とアスリートへのアプローチ

理解のための基礎知識と臨床実践

カバー写真
  • 特集編集:竹井 仁
  • B5判・104頁・2色刷
  • 雑誌コード 09451-5
  • 2018年5月1日発行
定価 2,916 円 (本体 2,700円 + 税)
あり
在庫

主要目次

【特集】
筋膜への手技を理解するための基礎
●筋膜の解剖と病態/吉田篤史
●筋膜の生理と病態/小川大輔
●筋膜のCCとCFの解説と配列説明-筋膜単位,筋膜配列および筋膜対角線と筋膜螺旋-/
 田島嘉人
●超音波を使用した筋膜機能異常の診断と注射による治療/斉藤 究
●筋膜に対する徒手理学療法総論-マッスルペインリリーフ,筋膜リリース,筋膜マニ
 ピュレーションに関する概論-/竹井 仁
●中枢神経疾患に対する筋膜リリースと筋膜マニピュレーション/勝又泰貴
●小児に対する筋膜リリース/金子満寛
●内部機能障害に対する筋膜マニピュレーション/半田 学
筋膜リリースの臨床実践
●上肢のスポーツ外傷・障害へのアプローチ-バドミントン選手の肩障害に対して-/松村将司
●上肢・体幹のスポーツ外傷・障害へのアプローチ-上肢と体幹を繋ぐ,上行性と下行性の筋膜の影響-/永井秀幸
●下肢のスポーツ外傷・障害へのアプローチ-Osgood-Schlatter病に対する筋膜マニピュレーション-/菅原和侑
●下肢のスポーツ外傷・障害へのアプローチ-ACL再建術後のアプローチ/髙山明美
●下肢のスポーツ外傷・障害へのアプローチ/川本智代ほか
【連載】
〈スポーツ医・科学に基づく筋力トレーニング〉第5回
●背筋群の筋力トレーニング/中田周兵ほか
〈臨スポOPINION〉
●臨床スポーツ医学における精神医学の役割/堀 正士ほか
●急性外傷後の微弱電流刺激(マイクロカレント)の効果/坂口 顕
〈臨スポニュース〉