TOPページへ
臨床スポーツ医学  2017年11月号(34巻11号)

戦略的リカバリー

アスリートの特性を踏まえた疲労回復

カバー写真
  • 特集編集:山本利春
  • B5判・104頁・2色刷
  • 雑誌コード 09451-11
  • 2017年11月1日発行
定価 2,916 円 (本体 2,700円 + 税)
あり
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
[総 論]
●アスリートの戦略的リカバリーの考え方/山本利春
●アスリートのリカバリーの実態と課題/太田千尋ほか
●リカバリー戦略のための実践的研究知見/笠原政志ほか
●リカバリーに有効なコンディション評価法/清水和弘
[リカバリーにかかわる要素・手法]
●体温調節からみたリカバリー/長谷川博
●栄養面からのリカバリー/小清水孝子
●アスリートの睡眠の改善に向けて/星川雅子
●リカバリーに対するマッサージ再考/井澤秀典
[戦略的リカバリー事例]
●ラグビーにおける戦略的リカバリー/大塚 潔
●サッカーにおける戦略的リカバリー/大塚慶輔
●バスケットボールにおける戦略的リカバリー/吉岡淳平ほか
●フェンシングにおける戦略的リカバリー/淺井利彰ほか
【連載】
<再考:スポーツに必要な栄養の話>第11回
●実践!チームサポート-栄養士がいないチームでできるセルフチェック-/長坂聡子
<脳と身体の機能的つながり:脳が受けるスポーツの影響>第5回
●運動イメージの脳内再生トレーニングとパフォーマンス-健康な被験者でのトレーニング効果-/金子文成
<臨スポOPINION>
●スポーツ中のアスリートの突然死-中枢神経系疾患を中心に-/中山晴雄ほか
<臨スポニュース>