TOPページへ
病理と臨床  2015年2月号(33巻2号)

白血病の新しい考え方(電子版のみ)

カバー写真
  • 特集編集:伊藤雅文
  • B5変形判・108頁
  • 雑誌コード 17693-2
  • 2015年2月1日発行
定価 3,024 円 (本体 2,800円 + 税)
なし
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
<造血器腫瘍における疾患特異遺伝子探査>
●次世代シーケンサによる造血器腫瘍の新たな展開/小川誠司
<骨髄病理診断のアルゴリズム>
●MDS病理診断のアルゴリズム/伊藤雅文
●急性白血病病理診断のアルゴリズム/伊藤雅文
<造血器腫瘍と遺伝子異常>
●MDSの形態診断と遺伝子異常/松田 晃
●JMMLの遺伝子異常と臨床病理/村松秀城
●JAK2変異を伴う骨髄増殖性腫瘍の臨床病理/小松則夫
●BRAF変異と組織球増殖性病変/中野晃伸ほか
●骨髄腫の細胞形質,遺伝子異常と臨床病理/倉重真沙子ほか
【連載】
●マクロクイズ[71]/二村 聡
●CPC解説[67]
 B型慢性肝炎と随伴する膜性増殖性糸球体腎炎により腹水貯留をきたし,特発性細菌性
 腹膜炎で死亡した成人剖検例/前田夏希ほか
●病理と基礎生命科学との接点[11]
 創薬標的キナーゼとコンパニオン診断/増田万里ほか
●病理をとりまく社会問題[5]
 家庭と仕事の両立/赤松裕子他
<今月の話題>
●Dysplasia vs carcinoma-胃粘膜内上皮性腫瘍のgradingは有用か?/菅井 有
●腫瘍幹細胞をめぐる最近の話題/森井英一
●センチネルリンパ節の微小転移,遊離腫瘍細胞/津田 均
【Information】