TOPページへ
臨床スポーツ医学  2016年6月号(33巻6号)

アスレティックトレーニングにおける現場的視点(電子版限定)

アスレティックトレーナーにできること

カバー写真
  • 特集編集:山本利春
  • B5判・116頁・2色刷
  • 雑誌コード 09451-6
  • 2016年6月1日発行
定価 2,916 円 (本体 2,700円 + 税)
なし
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
[総 論]
●アスレティックトレーニングとスポーツ医科学/山本利春
[アスレティックトレーナーが行うスポーツ医科学のサポート]
〈予防とコンディショニング〉
●疲労対策とコンディション管理/太田千尋
●動きの評価と改善/小粥智浩
●スポーツ障害・外傷予防のための筋力トレーニング/有賀雅史
●体力測定と評価/森 実由樹
●機能的テーピングと装具/大隈重信ほか
●メンタルケア/久保田真広
〈救急処置〉
●スポーツ現場の救急体制/笠原政志ほか
●重症頭頚部外傷の対応/砂川憲彦
〈アスレティックリハビリテーション〉
●競技復帰に必要なプログラム-肉離れ-/山本利春
●競技復帰に必要なプログラム-投球障害-/岩垣光洋
〈健康管理と教育的指導〉
●海外遠征と合宿時の配慮/増田雄一
●学校現場におけるスポーツ障害・外傷の対応と指導者教育/清水伸子ほか
アスレティックトレーナーが行う障害・外傷予防研究
●投球障害/坂田 淳
●ACL損傷/小笠原一生
【連載】
<競技種目・対象を考えたメディカルチェック>第6回
●サッカーにおけるメディカルチェック/松本秀男
<臨スポOPINION>
●なぜ今,ピラティスが世界的にさらに注目されるのか?!
 -ピラティスのエクササイズとしての専門性がグローバルに確立-/武田淳也
【臨スポニュース】