TOPページへ
病理と臨床  2017年6月号(35巻6号)

リンパ節の非腫瘍性疾患の病理

カバー写真
  • 特集編集:中村直哉・佐藤康晴
  • B5変形判・88頁
  • 雑誌コード 17693-6
  • 2017年6月1日発行
定価 3,132 円 (本体 2,900円 + 税)
あり
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
●リンパ節の見方/中村直哉
●リンパ節病変における感染症─UP-TO-DATE─/菊地智樹ほか
●反応性濾胞過形成など/宮岡 雅ほか
●菊池病・皮膚病性リンパ節症/佐藤 啓
●EBV関連リンパ増殖異常症/加藤省一
●新しい疾患概念[1]IgG4関連疾患/竹内真衣
●新しい疾患概念[2]TAFRO症候群/岩城憲子
●話題の疾患[1]Castleman病診断の進歩/小島 勝
●話題の疾患[2]他の医原性免疫不全に伴うリンパ増殖性疾患/新野大介ほか
【連載】
<マクロクイズ>[98]/伴 慎一
<CPC解説>[95]
●自然崩壊型腫瘍崩壊症候群をきたした食道癌症例の一剖検例/鹿股直樹ほか
<病理組織染色法の基礎講座>[3]
●脂肪染色/青木裕志ほか
【Information】