TOPページへ
Medical Practice  2018年9月号(35巻9号)

虚血性心疾患診療の現在と未来

更なる予後改善を目指す実地診療

  • B5判・168頁・2色刷(一部4色刷)
  • 雑誌コード 12077-9
  • 2018年9月1日発行
定価 2,700 円 (本体 2,500円 + 税)
あり
在庫

主要目次

【特集】
●扉/小室一成
●座談会
 虚血性心疾患診療の現状と病診連携について/
 出席者:小室一成・小寺 聡・水野健彦・田中茂博
●総説/実地医家が活用すべき虚血性心疾患の今日的知識
 わが国における虚血性心疾患の実態を知る/西平賢作ほか
 ガイドラインに基づいた急性冠症候群の診断から治療までの流れ/中川義久
●セミナー/実地医家が実践すべき虚血性心疾患の診療プロセス
 初期診断の重要ポイントと専門医への紹介のタイミング/池ノ内浩
 運動負荷心電図の適応と診断精度/山﨑正雄
 心臓超音波検査で何を診るか/石井克尚
 核医学検査はどのような時に行うか/肥田 敏ほか
 冠動脈狭窄ならびに虚血・心筋性状診断におけるCT,MRIの
 有用性/上原雅恵
 冠動脈造影と冠血流予備量比(FFR)による機能的診断/横井宏佳
 血管内イメージング(IVUS,OCT)でどこまで見えるか/廣 高史
 冠攣縮性狭心症の最新知見/末田章三
 プレホスピタル心電図の有用性/藤田英雄
 病診連携をどう進めたらよいか/門田一繁
●トピックス
 LDL-Cはいくつにコントロールすべきか/福島理文ほか
 PCIのガイドラインと適正使用基準/池田長生ほか
●治療/ガイドラインに基づいた虚血性心疾患治療の実際
 虚血性心疾患に対する薬物治療の基本/廣井透雄
 至適な抗血小板療法とは何か/加藤彩美
 PCIとCABGの選択と適応─重症冠動脈疾患患者に対する
 血行再建術の選択はどうすべきか─/安東治郎
 冠危険因子の至適マネジメントとは?/渡辺昌文
 心臓リハビリテーションと生活習慣管理の重要性/長山雅俊
 超高齢虚血性心疾患患者の注意点/原田和昌ほか
●この症例から何を学ぶか
 ステント治療後再閉塞をきたした早発性急性心筋梗塞の1例/清末有宏ほか
●Self-assessment test
【連載】
〈One Point Advice〉
●糖尿病の腎臓合併症/田中哲洋
●オンコネフロロジーを知っていますか?/和田健彦
●家庭血圧計のチェック/浅山 敬
●白血病と末梢白血球数/薄井紀子
●消防士の心血管イベント発症リスク/森田啓行
●糖尿病性神経障害の診断のすすめ/神谷英紀
●臨床決断分析/賀古真一
●どのくらいの飲水量が適切か?/安田 隆
〈今月の話題〉
●リキッドバイオプシー/洪 泰浩
〈知っておきたいこと ア・ラ・カルト〉
●自己免疫性胃炎/早河 翼ほか
〈この検査値から何を疑うか?〉(第6回)
●出血傾向のあるAPTT延長:クロスミキシング試験の重要性/安本篤史