TOPページへ
病理と臨床  2016年臨時増刊号(34巻)

癌の分子病理学

病理診断から治療標的探索まで

カバー写真
  • 編集:深山正久(東京大学大学院教授)
  •     金井弥栄(慶應義塾大学教授)
  •     田中伸哉(北海道大学教授)
  • B5変形判・360頁・4色刷
  • 雑誌コード 17694-04
  • 2016年4月5日発行
定価 8,640 円 (本体 8,000円 + 税)
あり
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

第1部 癌の分子病理学序論
 1.ゲノム医学・医療時代の病理診断,病理医
 2.癌の病理組織検体における多層的オミックス解析
 3.オミックス解析研究のための病理検体の取り扱い標準手技1 
  凍結組織の採取・保管・移送
 4.オミックス解析研究のための病理検体の取り扱い標準手技2 
  ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)標本の作製・保管
第2部 癌の分子病理学
A 家族性腫瘍
 1.大腸癌
 2.胃 癌
 3.遺伝性乳癌
 4.多発性内分泌腫瘍症
B 臓器癌
 1.脳腫瘍
 2.頭頸部癌・口腔癌
 3.歯原性腫瘍
 4.唾液腺腫瘍
 5.甲状腺癌
 6.食道癌の分子病理学
 7.胃 癌
 8.大腸癌の分子異常
 9.gastrointestinal stromal tumor(GIST)
10.肝細胞癌
11.胆道がん
12.膵 癌
13.肺 癌
14.乳 癌
15.腎 癌
16.腎盂・尿管・膀胱癌
17.前立腺癌
18.精巣腫瘍の分子病理学
19.子宮癌の分子病理像
20.卵巣癌
21.骨軟部腫瘍
22.皮膚腫瘍・悪性黒色腫
23.悪性中皮腫
24.白血病
25.リンパ腫
26.小児腫瘍
第3部 癌の分子病理診断の現状と将来
 1.乳 癌
 2.胃 癌
 3.肺癌(EGFR,ALK)
 4.悪性リンパ腫
 5.軟部腫瘍
 6.がん診療における治療選択のためのクリニカルシークエンシング
  ~院内遺伝子検査ラボにおけるlaboratory developed test運用について~
 7.癌の遺伝子診断の将来
第4部 分子病理学キーワード集
 分子病理学キーワード集
 索 引