TOPページへ
心エコー  2016年1月号(17巻1号)

新しくなったASE心腔計測ガイドライン

カバー写真
  • 特集編集:大門雅夫
  • B5判・96頁・4色刷
  • 雑誌コード 04271-1
  • 2016年1月1日発行
定価 2,916 円 (本体 2,700円 + 税)
あり
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
●総評:新しくなったASE心腔計測ガイドライン改訂の ポイントとは/川合宏哉
●左室拡大,左室収縮能の評価/楠瀬賢也
●左室における局所収縮異常の評価/三原裕嗣
●右室拡大,右室収縮能の評価/朴 美仙・田邊一明
●左房,右房の評価/西山悟史・渡邉 哲
●大動脈基部,弁輪の評価/太田光彦
●当院での心腔計測の実際/岡野智子

【今年はこうして心エコー技術を学ぶ】
●はじめに/大門雅夫 
●こういうエコーマインド・エコー技術を学んでほしい/伊藤 浩
●こうして始まったこの講習会─エコー淡路編/山田博胤
●資格の取り方活かし方:超音波検査士/石崎一穂
●資格の取り方活かし方:血管診療技師(CVT)/菅原将代
●資格の取り方活かし方:超音波専門医/馬原啓太郎
●資格の取り方活かし方:日本周術期経食道心エコー認定試験(JB-POT)/假屋太郎・山田芳嗣
●心エコーを学ぶための講習会・研究会案内2016