TOPページへ
病理と臨床  2022年3月号(40巻3号)

小児・AYAがん

カバー写真
  • 特集編集:大喜多 肇(慶應義塾大学病院病理診断科)
  • 特集編集 柳井広之(岡山大学病院病理診断科)
  • B5変型判・108頁・4色刷
  • 雑誌コード 17693-03
  • 2022年2月28日発行
定価 3,190 円 (本体 2,900円 + 税10%)
あり
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
 小児・AYA世代の診療で病理診断に期待すること……土屋邦彦 他
 血液腫瘍……岩淵英人
 脳腫瘍―新たな腫瘍型―……平戸純子
 腎腫瘍……松岡圭子
 骨軟部腫瘍……孝橋賢一 他
 性腺腫瘍……柳井広之
 小児・AYA世代に好発するその他の臓器特異的腫瘍……田中祐吉
 小児・AYA世代にも発生する成人型のがん―小児期の悪性上皮性腫瘍を中心に―……井上 健 他
 腫瘍症候群……田中水緒
 小児・AYAがんのゲノム医療……加藤元博

【連載】
■マクロクイズ[155]
 名和純一 他
■鑑別の森[6]
 口腔上皮の反応異型と上皮内扁平上皮癌
 Answer 1:田沼順一
 Answer 2:橋本和彦 他
■若手病理医のためのキャリアパス講座[4]
 病理から境界領域へ―医工連携への招待―……渡邉昌俊

【今月の話題】
 病理学と研究倫理の対話─日本病理学会倫理委員会の活動について─……横崎 宏
 Ki-67を胞状奇胎の診断に使わないで!……南口早智子

【CPC解説】
 皮膚血管や間質に種々の石灰化像を認めたカルシフィラキシスの一剖検例……浅井由美 他

【Information】