TOPページへ
心エコー  2021年7月号(22巻7号)

心不全の血行動態をエコーで捉える!

カバー写真
  • 特集編集:北井 豪(国立循環器病研究センター心臓血管内科部門心不全科)
  •       渡辺弘之(東京ベイ・浦安市川医療センターハートセンター)
  • B5判・112頁・4色刷
  • 雑誌コード 04271-7
  • 2021年7月1日発行
定価 2,970 円 (本体 2,700円 + 税10%)
あり
在庫
電子版販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
 総論 左室機能とは?─収縮能と拡張能は独立して評価できるか?左房機能は?/納冨雄一
 左室収縮能の経時変化とリバースリモデリングの評価/勝田祐子・後岡広太郎
 左室拡張能評価をいかに心不全治療につなげるか?/木村晃久・林田晃寛
 GLSがあればLVEFは不要か?/福本梨沙
 総論 左心機能と右心機能─LV-RV interdependence/坂本隆史
 右室機能の評価とピットフォール/杉本匡史
 右房圧の評価とピットフォール/中山貴文・瀬尾由広
 肺高血圧の評価とピットフォール/森 三佳
 総論 心不全の他臓器連関/北井 豪
 腎うっ血をエコーで評価する─心腎連関/山本昌良
 うっ血肝をエコーで評価する─心肝連関/梶谷憲司・谷口達典
 腸のうっ血をエコーで評価する─心腸連関/岡田大司

【症例問題】[WEB連動企画]
 下腿浮腫を主訴に来院した1例/宮本亜矢子・北 宏之・湯田 聡