TOPページへ
病理と臨床  2016年12月号(34巻12号)

腎生検病理診断の実際と新たな展開

カバー写真
  • 特集編集:清水 章・北村博司
  • B5変形判・130頁
  • 雑誌コード 17693-12
  • 2016年12月1日発行
定価 3,132 円 (本体 2,900円 + 税)
あり
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
●臨床医は腎生検病理診断に何を望んでいるのか/藤垣嘉秀
●腎生検病理診断の実際とその進歩/大橋隆治ほか
●膜性腎症の最近の進歩と病理診断への応用/原 重雄
●感染症に関連する糸球体腎炎/小川弥生
●補体制御異常と糸球体腎炎─C3GN,DDD,MPGNを中心に─/本田一穂ほか
●M蛋白関連腎症の最新の進歩/冨田茂樹ほか
●血栓性微小血管症thrombotic microangiopathyの最近の進歩/北村博司
●IgG4関連腎臓病と鑑別すべき間質性腎炎/久野 敏
●遺伝性腎疾患の最近の進歩/山村智彦ほか
●分子標的薬に伴う腎障害/長濱清隆ほか
●骨髄移植(造血幹細胞移植)に伴う腎病変/藤井晶子ほか
【連載】
<マクロクイズ>[92]/高原大志ほか
<CPC解説>[89]
●VACTERL/VATER連合に喉頭閉鎖を合併し,帝王切開後50分で死亡した1剖検例/
 野坂加苗ほか
<悪性腫瘍に対する分子標的治療薬>[9]
●血液・リンパ腫領域の分子標的治療薬とコンパニオン診断/蒔田真一ほか
<医療事故調査制度の経緯と現状>[9]
●医療事故調査への対応─福岡県の病理医の場合/居石克夫ほか
<今月の話題>
●“Fibrous dysplasia”再訪/豊澤 悟
【Information】
【総目次】
【執筆者名索引】