TOPページへ
Medical Practice  2016年8月号(33巻8号)

フレイルと認知症(電子版のみ)

健康寿命の延伸に向けた心と体

  • B5判・162頁・2色刷
  • 雑誌コード 12077-8
  • 2016年8月1日発行
定価 2,750 円 (本体 2,500円 + 税)
なし
在庫
電子版販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
●扉/小川純人
[総説:健康寿命の延伸へ向けて知っておくべき基本的概念]
●フレイルとは何か/葛谷雅文
●高齢者における認知症とフレイル─心身機能と認知機能との関連─/田中政道ほか
[座談会]
●健康寿命の延伸に向けたフレイル・認知症対策
 出席者/山内敏正・小川純人・羽生春夫・旭 俊臣
[セミナー:フレイル・認知症への対応に必要な具体的知識とその活用]
●フレイルに関する疫学研究─地域保健の視点から─/新開省二
●フレイルのリスク因子としての低栄養/佐竹昭介
●精神心理的フレイルとして重要な軽度認知障害(MCI)/武地 一
●高齢者のうつとフレイル/服部英幸
●フレイルにおける自律神経機能/柴崎孝二
●フレイル予防を目指した介護予防/山田 実
●性差医療におけるフレイル・認知症/宮尾益理子
●糖尿病患者におけるフレイル・認知症/梅垣宏行
●高血圧患者におけるフレイル・認知症/杉本 研ほか
●腎疾患患者におけるフレイル・認知機能障害/花房規男
[トピックス]
●ロコモティブシンドロームとフレイル・認知機能/原田 敦
●百寿者におけるフレイル・認知機能/平田 匠ほか
[治療:実地医家はどのように有効な予防と治療を実践すべきか]
●フレイル予防に向けたタンパク・アミノ酸栄養/小林久峰
●認知症予防に向けた食事介入/植木 彰
●フレイル・認知症予防に向けた運動介入/島田裕之
●フレイル・認知症に対するビタミンDの可能性/入谷 敦ほか
●フレイル・認知症に対する漢方薬の可能性/石島秀紀
[この症例から何を学ぶか]
●高Mg血症が一因となり洞不全症候群をきたした認知症高齢者の一例/矢可部満隆
[Self-assessment test]
【連載】
〈One Point Advice〉
●心房細動患者の頻度と抗凝固療法の適応/井上耕一
●ルーチーンと科学/南谷泰仁
●「あれ,しこりができた」─リンパ腫診断のコツ─/坂田(柳元)麻実子
●救急外来の女神─Whisper words of wisdom─/川端 浩
●エリスロマイシン耐性化膿レンサ球菌株の変遷/高橋 孝
●菊池病,知ってよかった/大島孝一
●高血糖の重症度を判断する際のポイント/及川洋一
●Dual energy CTを用いた痛風性脊椎関節炎の診断/庄田宏文
〈今月の話題〉
●被曝と甲状腺がん:福島を考える/長瀧重信
〈知っておきたいこと ア・ラ・カルト〉
●日本人の食事摂取基準2015年版/宇都宮一典
〈内科医のための画像診断エッセンス〉第5回
●急性硬膜外血腫をCTで診断する/森 墾─