TOPページへ
Medical Practice  2022年11月号(39巻11号)

肝炎・肝硬変

知っておくべき最新の知見と実診療でのマネージメント法

カバー写真
  • B5判・160頁・2色刷(一部4色刷)
  • 雑誌コード 12077-11
  • 2022年10月27日発行
定価 2,860 円 (本体 2,600円 + 税10%)
あり
在庫
電子版販売サイト

上記の電子版販売サイトのボタンをクリックすると,外部の
サイトに移動します.電子版の購入方法は各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
■扉……大塚基之
■座談会
 肝炎・肝硬変をめぐる最近の状況─効率的な病診連携に向けて─
 出席者:山内敏正・大塚基之・小木曽智美・糸林 詠
■総説/肝炎・肝硬変をめぐる最新情報
 肝炎・肝硬変の最近の疫学的変遷……加藤直也
 NAFLD/NASHガイドライン最新版のポイント……徳重克年
 肝硬変ガイドライン最新版のポイント……清水雅仁
■セミナー/肝障害の鑑別と専門医へのコンサルトを考えるべきポイント
 肝炎の病態生理……及川恒一
 肝硬変の病態生理……是永匡紹
 肝炎・肝硬変症例で用いる血液検査・画像検査……五藤 忠
 急性肝障害の鑑別と専門医へのコンサルトのポイント……吉田英雄
 慢性肝障害の鑑別と経過観察時の注意点……伊藤敬義
 肝線維化の推定法と専門医へのコンサルトのポイント,肝硬変の診断の実際……和田直大ほか
 コンサルトを受けた専門医が行う対応・手順の実際……船戸和義
 肝障害患者の耐術能についてのコンサルト……佐藤雅哉
■トピックス
 新たな概念:代謝異常関連脂肪性肝疾患(MAFLD)……池嶋健一
 肝線維化に対する新規治療の開発状況……阿部寛幸ほか
■治療/実地診療における肝炎・肝硬変のマネージメント法
 ウイルス肝炎の治療と管理・ウイルス肝炎の残された課題……内山 明
 NASHの管理と治療……玉城信治
 アルコール性肝障害の管理と治療……糸林 詠
 自己免疫性肝炎と原発性胆汁性胆管炎の管理と治療……坂木 理ほか
 肝硬変患者のトータルマネージメント……厚川正則ほか
 肝硬変に伴う合併症に対する管理と治療……小木曽智美
 肝移植を考えるポイントとコンサルト時の注意点……上田佳秀
■この症例から何を学ぶか
 肝不全に至ったB型肝炎関連肝硬変の一例……大塚基之
■Self-assessment test

【連載】
■One Point Advice
 よもや,よもやの上部消化管内視鏡検査……三池 忠
 誤嚥性肺炎など終末期の病気との向き合い方……成本 治
 肺MAC症患者の外来管理……鈴木克洋
 妊娠期高血圧の降圧目標……森田啓行
 重症高トリグリセリド(TG)血症の原因・あれこれ……和田 淳
 炎症性腸疾患の治療目標……加藤 順
 高齢者の造血幹細胞移植……小林寿美子
 SGLT2阻害薬使用中の1型糖尿病患者では糖尿病ケトアシドーシスに注意……及川洋一
■今月の話題
 心不全緩和ケアトレーニングコース:HEPT……大石醒悟
■知っておきたいこと ア・ラ・カルト
 エルドハイム・チェスター病(ECD)……本田 晃ほか