TOPページへ
Medical Practice  2022年10月号(39巻10号)

実地医家が知っておくべきがんの薬物療法

がんの薬物療法の必要性・重要性

カバー写真
  • B5判・176頁・2色刷(一部4色刷)
  • 雑誌コード 12077-10
  • 2022年9月27日発行
定価 2,860 円 (本体 2,600円 + 税10%)
あり
在庫
電子版販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
■扉……朴 成和
■座談会
 化学療法の重要性・腫瘍内科のおもしろさ
 出席者:須永眞司・中島貴子・朴 成和・山本信之
■総説/化学療法の基本的な考え方
 臨床試験とEBM……満間綾子ほか
 治療変更(減量・休薬・中止)を考慮すべき副作用……田村研治
 臨床試験から外れる症例への対応……金原史朗ほか
■トピックス&標準治療/各がん種の最新情報と知っておくべき標準治療
 頭頸部がん……清田尚臣
 肺がん/非小細胞肺がん……水﨑 俊ほか
 肺がん/小細胞肺がん……赤松弘朗
 乳がん……安藤健樹ほか
 食道がん……廣中秀一
 胃がん……高倉敏彰ほか
 大腸がん……谷口浩也
 肝細胞がん……井上佳苗ほか
 胆道がん……小林 智
 膵がん……石垣和祥
 泌尿器系悪性腫瘍……竹村弘司ほか
 婦人科系悪性腫瘍……温泉川真由
 皮膚がん……並川健二郎
 原発不明がん……向井博文
 縦隔腫瘍……堂下皓世ほか
 消化管間質腫瘍(GIST)……千田彰彦ほか
 神経内分泌腫瘍……奥山浩之
 胚細胞腫瘍……高見澤重賢ほか
 中皮腫……庄子 聡ほか
■Self-assessment test

【連載】
■One Point Advice
 高齢者総合機能評価……杉本 研
 目の前にいる「かもしれない」NASH患者を見つけるために……藤原弘明
 高血圧患者の心不全抑制には利尿作用を有する降圧薬……苅尾七臣
 さまざまな宿主における犬レンサ球菌感染症……高橋 孝ほか
 嚥下障害に対応するときのポイント……戸原 玄
 クラリスロマイシン投与前に胸部画像の評価を……小宮幸作
 健診センターでの胸部X線読影で感じたこと……鈴木克洋
 聴診器……正木克宜
■今月の話題
 超高齢・少子化社会への対応─人口オーナスへの挑戦─……稲垣暢也
■知っておきたいこと ア・ラ・カルト
 アルコール・ハームリダクション……浪崎 正ほか