TOPページへ
最新号 病理と臨床  2022年5月号(40巻5号)

ICCRと日本病理学会

世界の動向と日本の病理診断と報告様式の在り方

カバー写真
  • 特集編集:落合淳志(国立がん研究センター先端医療開発センター)
  • 特集編集 渡邊麗子(国立がん研究センター東病院病理・臨床検査科)
  • B5変型判・104頁・4色刷
  • 雑誌コード 17693-05
  • 2022年4月27日発行
定価 3,190 円 (本体 2,900円 + 税10%)
あり
在庫
電子版販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

次号予告

【特集】
 [座談会]これからの日本の病理診断報告の在り方について
      落合淳志,渡邊麗子,小嶋基寛,森井英一,都築豊徳,森谷卓也
 病理診断と報告書をめぐる国際的な動向……落合淳志
 ICCRの組織と活動……都築豊徳
 ICCR Dataset Steering Committee(DSC)の活動とWHO Blue Book第5版(BB5)との連携……渡邊麗子
 [ICCRへ参加して]
  乳腺におけるICCRへの参加の経験……森谷卓也
  消化管(大腸)におけるICCRへの参加の経験……小嶋基寛 他
 アメリカでの病理診断報告書―ICCRデータセットとの比較―……三野眞里
 癌取扱い規約,領域横断的がん取扱い規約とICCR―日本病理学会のかかわり方と将来―……渡邊麗子
 Evidence-based Pathology(EBP)を目指して……落合淳志

【連載】
■マクロクイズ[157]
 沼倉里枝 他
■鑑別の森[8]
 術中迅速診断での反応性グリア増殖と低異型度星細胞腫
 Answer 1:黒瀬 顕
 Answer 2:横尾英明
■若手病理医のためのキャリアパス講座[6]
 病理から見た霞が関(1):厚労省医系技官のキャリア……明神大也

【今月の話題】
 新型コロナパンデミック下における医学生の国際的学術交流―病理医としての試み―……大江知里

【Information】

2022年6月号(40巻6号)
【特集】PD-L1検査と免疫チェックポイント治療のバイオマーカー
    編集:谷田部 恭・藤井誠志

 腫瘍免疫と免疫チェックポイント……小室裕康
 承認されている免疫チェックポイント
 阻害薬とその臨床……中島裕理
 肺癌におけるPD-L1検査……横瀬智之
 乳癌におけるPD-L1検査……吉田正行
 頭頸部癌・食道癌におけるPD-L1検査……藤井誠志
 悪性黒色腫におけるPD-L1発現と免疫チェックポイント阻害薬の治療効果……小俣 渡
 ミスマッチ修復異常の検査……関根茂樹
 TMB-High腫瘍と免疫チェックポイント治療……高野忠夫