TOPページへ
臨床スポーツ医学  2016年11月号(33巻11号)

成長期スポーツ外傷・障害予防への取り組み

カバー写真
  • 特集編集:福林 徹
  • B5判・112頁・2色刷
  • 雑誌コード 09451-11
  • 2016年11月1日発行
定価 2,916 円 (本体 2,700円 + 税)
あり
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
[総 論]
●成長期スポーツ外傷・障害の現状/奥脇 透
●頭部外傷/谷  諭ほか
[各 論]
●サッカー-「FIFA11+」の目的と有用性-/佐保泰明ほか
●バスケットボール-女子選手の膝前十字靱帯損傷とその予防-/津田清美ほか
●バレーボール-女子選手の足関節捻挫とその予防/福田直子ほか
●ラグビー ①-「Rugby Ready」の目的と有用性-/山田睦雄ほか
●ラグビー ②-菅平診療所における高校ラグビー選手の脳振盪の現状-/大伴茉奈ほか
●野 球-小学生野球選手の障害予防-/松浦哲也
●テニス-ジュニア選手におけるスポーツ外傷・障害とその予防-/金森章浩
●陸上 ①-成長期中長距離走選手におけるスポーツ障害とその予防-/鳥居 俊
●陸上 ②-短距離走選手における肉離れとその予防-/向井直樹
●水 泳-競泳選手におけるスポーツ障害とその予防-/半谷美夏ほか
●柔 道-「柔道きほん運動」の要旨と有用性-/宮崎誠司
【連載】
<競技種目・対象を考えたメディカルチェック>第11回
●高齢者スポーツにおけるメディカルチェックの注意点/真鍋知宏
<臨スポOPINION>
●前十字靱帯損傷の予防効果とこれから/永野康治
●投球障害を未然に防ぐ-姿勢が変われば,未来が変わる-/坂田 淳
<臨スポニュース>