TOPページへ
病理と臨床  2016年8月号(34巻8号)

膵癌取扱いに関する新たな知見と基準

カバー写真
  • 特集編集:内藤善哉・清水道生
  • B5変形判・112頁
  • 雑誌コード 17693-8
  • 2016年8月1日発行
定価 3,132 円 (本体 2,900円 + 税)
あり
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
●膵癌の治療の現状/村田泰洋
●膵癌の最近の概念とトピックス/古川 徹
●膵管内腫瘍性病変(IPMN,ITPN,PanIN)の概念と病理学的取扱い/福嶋敬宜
●IPMN,MCN,PanINと鑑別を要する病変/大池信之ほか
●比較的稀ではあるが重要な膵疾患/清水道生ほか
●膵生検,細胞診の判定と報告様式/内藤善哉
●膵癌治療効果に関する病理組織学的判定基準/眞杉洋平ほか
●臨床画像/戸島史仁ほか
【連載】
●マクロクイズ[88]
/立石陽子他
<CPC解説>[85]
●多臓器に特異な軽鎖沈着を伴う多発性骨髄腫の一例/三宅暁夫ほか
<悪性腫瘍に対する分子標的治療薬>[5]
●消化管がん領域の分子標的治療薬/坂東英明
<病理における医療倫理の諸問題>[5]
●病理組織検体におけるゲノム解析研究の倫理/金井弥栄
<医療事故調査制度の経緯と現状>[5]
●医療事故調査への対応─茨城県の場合/野口雅之
<今月の話題>
●これからの病理医/北川昌伸
●既設棟での病理解剖室の改修工事を2回経験して/北澤理子ほか
<病理技術>
●3Dプリンターで作製した試料プレートと包埋皿を用いた前立腺大切片作製法/
 平岩真一郎ほか
【Information】