TOPページへ
臨床スポーツ医学  2017年8月号(34巻8号)

アスリートの肉離れ

今,何が問題なのか

カバー写真
  • 特集編集:奥脇 透
  • B5判・124頁・2色刷
  • 雑誌コード 09451-8
  • 2017年8月1日発行
定価 2,916 円 (本体 2,700円 + 税)
あり
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

正誤表

主要目次

【特集】
[総 論]
 ●肉離れの現状/奥脇 透

[肉離れの基礎研究]
 ●伸張性収縮誘発性筋損傷と肉離れ損傷との関係/鴻崎香里奈ほか

[肉離れの臨床]
 ●サッカーにおける肉離れ/齋田良知ほか
 ●陸上競技における肉離れ/鳥居 俊

[肉離れの画像診断]
 ●MRI-ポイントとピットフォール-/竹澤佳由ほか
 ●超音波検査/皆川洋至

[筋腱付着部損傷の手術療法]
 ●大胸筋断裂の手術/中嶋耕平
 ●ハムストリング付着部損傷の手術/仁賀定雄ほか

[肉離れのリハビリテーション]
 ●メディカル・リハビリテーション/増田雄一
 ●アスレティック・リハビリテーション/松田直樹

[肉離れに対する最新の治療法]
 ●肉離れ急性期における高気圧酸素治療(HBO)/柳下和慶ほか
 ●肉離れに対するPRP療法/小林洋平ほか
 ●G-CSFの治療効果の検討/原藤健吾ほか

【連 載】
<再考 スポーツに必要な栄養の話> 第8回
 ●プロテインの選び方と取り方,アミノ酸などサプリメントの話/斉藤裕子ほか

<脳と身体の機能的つながり 脳が受けるスポーツの影響> 第2回
 ●皮質上身体再現の変容からみたスポーツによる脳の適応/金子文成

<臨スポOPINION>
 ●IOC World Conference on Prevention of Injury & Illness in Sport 報告記/
 古賀英之

<臨スポニュース>