TOPページへ
臨床スポーツ医学  2015年7月号(32巻7号)

判断に迷う野球肘(電子版のみ)

診断・治療の指針を示す

カバー写真
  • 特集編集:柏口新二
  • B5判・112頁・2色刷
  • 雑誌コード 09451-7
  • 2015年7月1日発行
定価 2,700 円 (本体 2,500円 + 税)
なし
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
●野球肘とは何か-さまざまな視点からみる-/柏口新二
●野球肘検診の普及-産官学連携の役割とその取り組み-/帖佐悦男
[離断性骨軟骨炎への病態に即した対応]
●保存的対応か手術かの選択/岩堀裕介
●広範型病変への対応/正富 隆
●いつから,どのように投球を許可するか/菅谷啓之
●上腕骨小頭骨軟骨障害という病態/松浦哲也
[内側上顆障害への病態に即した対応]
●一発外傷への対応と慢性外傷への対応/山崎哲也
●保存的対応-固定の適応と期間-/鶴田敏幸ほか
[内側側副靱帯不全への病態に即した対応]
●実質および近位付着部の外傷・障害/古島弘三
●遠位付着部の外傷・障害/宮武和馬ほか
[肘頭の過労性骨障害]
●肘頭骨端線閉鎖不全の手術治療-術式や固定材料の選択-/紙谷 武ほか
●肘頭疲労骨折に対する治療方針と課題/河﨑賢三ほか
[投球動作への介入]
●野球肘の現場復帰のマネジメント-投球負荷選択の基準-/能勢康史
●ピッチングコーチによる動作介入/吉田篤史
【研究発表】
●肩前方不安定症の病態評価におけるテーブルテスト(脱臼不安感の定量評価法)の
 有用性-relocationの有無によるテーブル角の変化の特徴-/藤井康成ほか
【Current Contents】
 秋本崇之
【臨スポニュース】