TOPページへ
病理と臨床  2017年9月号(35巻9号)

尿路上皮腫瘍

変わりつつある概念

カバー写真
  • 特集編集:都築豊徳
  • B5変形判・98頁
  • 雑誌コード 17693-9
  • 2017年9月1日発行
定価 3,132 円 (本体 2,900円 + 税)
あり
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
●膀胱腫瘍の疫学,診断,治療法/河原貴史ほか
●腎盂・尿管腫瘍の疫学,診断,治療法/菊地栄次ほか
●尿路上皮癌の異型度評価/渋谷信介
●平坦病変の病理/小島史好ほか
●内反性増殖を示す尿路上皮性腫瘍/大江知里
●膀胱腫瘍におけるpT1亜分類の現状と展望/佐藤 峻ほか
●尿路上皮癌の亜型/林 博之ほか
●尿膜管癌/高原大志ほか
●尿路上皮腫瘍の免疫組織化学/南口早智子
●尿路上皮癌発生のエピゲノム機構:時間的・空間的多発性におけるDNAメチル化異常の意義/金井弥栄
●尿路上皮腫瘍におけるmolecular subtypeについて/古里文吾ほか
【連載】
<マクロクイズ>[101]
 伴 慎一
<今月の話題>
●妊娠授乳関連骨粗鬆症/北澤理子ほか
<情報処理>
●学習効果を高めるホールスライドイメージの画像加工法─都医学研・脳神経病理データ
 ベースでの運用の紹介─/小島利香ほか
【Information】