TOPページへ
心エコー  2015年1月号(16巻1号)

新しいAHA/ACC弁膜症ガイドラインを知る(電子版のみ)

心エコーの役割は変わったのか

カバー写真
  • 特集編集:大門雅夫
  • B5判・106頁・4色刷
  • 雑誌コード 04271-1
  • 2015年1月1日発行
定価 2,916 円 (本体 2,700円 + 税)
なし
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
●新しくなったAHA/ACC弁膜症ガイドラインー改訂のポイントとは/渡辺弘之
●大動脈弁狭窄/井上勝次
●大動脈弁逆流/田中秀和
●大動脈二尖弁/大原貴裕
●僧帽弁狭窄/足立優也・田邊一明
●僧帽弁逆流/林 篤志・福田祥大・尾辻 豊
●〔外科医の意見〕僧帽弁形成術の適応/岡田行功
●三尖弁疾患/大西哲存
●感染性心内膜炎/西山悟史・渡邉 哲
[今年はこうして心エコー技術を学ぶ]
●はじめに/大門雅夫
●こういうエコーマインド・エコー技術を学んでほしい/吉川純一
●私はエコー技術をこう学んでいる/岡庭裕貴
●こうして始まったこの講習会─東京ハートラボ編/渡辺弘之
●心エコーを学ぶための講習会・研究会案内2015
【症例問題】WEB連動企画
●乳児期から心不全を伴う左室拡張および収縮能低下を認めた1例/高橋 健