TOPページへ
Medical Practice  2015年5月号(32巻5号)

最新の高血圧の実地診療(電子版のみ)

知っておくべき最新情報とその活かしかた

カバー写真
  • B5判・174頁・2色刷
  • 雑誌コード 12077-5
  • 2015年5月1日発行
定価 2,750 円 (本体 2,500円 + 税)
なし
在庫
電子版販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
●扉 / 伊藤 裕
[総説:実地医家によるこれからの高血圧診療の課題の克服]
●高血圧治療ガイドライン2014に基づいた
高血圧医療と今後の方向性/島本和明
●高血圧患者のリスクの統合的評価に基づいた
診療のすすめかた/住友和弘ほか
●血圧変動のリスクの臨床評価に基づいた
診療のすすめかた/ 星出 聡ほか
[座談会]
●実地医家が知っておくべき高血圧治療ガイドライン2014のポイント
 出席者/和田 攻・猿田享男・伊藤 裕・宮川政昭
[セミナー:実地医家による実践的高血圧診療のポイント]
●家庭血圧測定・自由行動下血圧測定の実際とその意義/今井 潤
●実地医家からみたガイドラインと
降圧治療の現場/宮川政昭
●減塩指導─実践的食事指導のすすめかた─/土橋卓也
●第一選択薬と降圧療法の組み立てかたとすすめかた/島田和幸
●肥満,糖尿病と高血圧─とらえかたと診療のすすめかた─/田中正巳
●高血圧患者の心機能評価とその対応のすすめかた/川田貴之ほか
●高血圧と腎臓─CKD患者への対応のすすめかた─/尾股 慧ほか
●降圧療法と認知能─リスク因子としての高血圧診療のすすめかた─/大蔵隆文ほか
●難治性高血圧症の日常診療のすすめかた/市原淳弘
●高血圧の臨床研究の在りかたと問題点/植田真一郎
[トピックス:実地医家が知っておくべき最新の話題]
●高血圧ワクチンの展望/中神啓徳ほか
●「ソルトメモリー」と高血圧/小口英世ほか
●アルドステロン産生副腎腫瘍に対するラジオ波焼灼術/森本 玲ほか
[治療:特定の高血圧の実地診療のすすめかた]
●脳血管障害の降圧治療の管理のすすめかた/棚橋紀夫
●高齢者高血圧治療のポイントとすすめかた/杉本 研ほか
●女性の高血圧医療─妊娠と更年期の高血圧診療のすすめかた─/鈴木洋通
●原発性アルドステロン症の治療ガイドラインと実地診療のすすめかた/柴田洋孝
●新しい降圧薬とその実地診療の活用/茂木正樹ほか
[この症例から何を学ぶか]
●“PRES”を疑われた2例/平塚 健ほか
[Self-assessment test]
【連載】
〈今月の疾患〉
●好酸球性副鼻腔炎/藤枝重治
〈One Point Advice〉
●高カリウム血症は食塩制限で悪化することがある/高市憲明
●肺がん治療の進歩/清水哲男
●エビデンスについて考える/坂田泰彦
●アルコール摂取と腹部大動脈瘤/森田啓行
●人口減少社会/兼本成斌
●心臓再同期療法について/安藤献児
●血清CRPの測定意義と測定値の解釈/藤田哲二
●悪液質の早期発見と包括的対応/若林秀隆
〈今月の疾患〉
●関節リウマチ治療薬とその副作用/神田浩子
〈知っておきたいこと ア・ラ・カルト〉
●デング出血熱/モイメンリンほか