TOPページへ

病理学検査すべてにわたる最新の手引書!

スタンダード病理学

病理検査のすべて

カバー写真
  • 編集:大西俊造(大阪大学名誉教授)
  •     梶原博毅(広島大学教授)
  •     神山隆一(東京医科歯科大学教授)
  • B5変型判・244頁
  • ISBN 978-4-8306-0443-0
  • 2002年3月発行
定価 3,240 円 (本体 3,000円 + 税)
あり
在庫

内容

主要目次

日常的な作業技術から最新知識を応用した手技までを網羅し,図表を豊富に用いながら簡潔にわかりやすく解説.病理学や検査学を学ぶ学生,病理医,臨床検査技師などの検査技術者に最適の1冊.好評既刊『スタンダード病理学』の姉妹編.口絵カラー87点.

1.組織診
  A.組織診の概要
  B.固定法
  C.脱灰法
  D.パラフィン包埋法
  E.パラフィン包埋標本の薄切法
  F.パラフィン包埋切片の染色法
  G.凍結切片を用いた各種染色法
  H.組織化学
  I.凍結標本作成と迅速組織診
  J.セロイジン包埋組織標本作成法
2.細胞診
  A.検体採取,処理,固定
  B.染色
  C.迅速細胞診
  D.スクリーニングの実際
  E.細胞診断学各論
3.電子顕微鏡
  A.透過型電子顕微鏡
  B.電顕細胞組織化学
  C.電顕的免疫組織化学
  D.走査型電子顕微鏡
4.顕微測光・フローサイトメトリー
  A.顕微測光法
  B.フローサイトメトリー
5.分子病理学
  A.検体の処理,抽出法
  B.サザンハイブリダイゼーション
  C.ノーザンハイブリダイゼーション
  D.PCRおよびRT-PCR,in situ PCR法
  E.PCR-SSCP法
  F.PCRダイレクトシークエンス法
  G.FISH
  H.検体採取技術の進歩
  I.DNAチップ(マイクロアレイ)への応用
  J.ウエスタン・ブロット法
6.病理解剖およびその資料の整理保管
  A.病理解剖とは
  B.病理解剖に関する規則と手続き
  C.病理解剖の実施
  D.個体の死と死後変化
  E.病理解剖結果の報告
  F.検体・標本および記録・報告書の整理保管
7.バイオハザード
  A.検査室におけるバイオハザードの実態と発生要因
  B.バイオハザード対策
  C.滅菌と消毒
  D.病理学領域におけるバイオハザードの対策
8.テレパソロジー
  A.遠隔医療の登場
  B.テレパソロジーのあゆみ
  C.和歌山県におけるテレパソロジーの実状
  D.テレパソロジーの実用化に伴う問題点
  E.今後の方向性
9.精度管理
  A.病理学的検査における精度管理の特性
  B.精度管理の実際
  C.精度管理と生涯学習