TOPページへ

皮膚腫瘍の病理診断のスタンダードをめざした腫瘍病理鑑別診断アトラス!

腫瘍病理鑑別診断アトラス  

皮膚腫瘍 I

角化細胞性腫瘍,付属器系腫瘍と皮膚特有の間葉系腫瘍

カバー写真
  • 編集:真鍋俊明(滋賀県立成人病センター研究所所長,京都大学名誉教授)
  •     清水道生(埼玉医科大学教授)
  • 監修:腫瘍病理鑑別診断アトラス刊行委員会
  • 編集協力:日本病理学会
  • B5変型判・322頁・4色刷
  • ISBN 978-4-8306-2228-1
  • 2010年11月発行
定価 16,200 円 (本体 15,000円 + 税)
あり
在庫
電子版販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

内容

主要目次

皮膚腫瘍は,組織学的にも多彩であると同時に腫瘍概念も多彩で,WHO分類でもさまざまな問題点を内包している.そこで本書は,その矛盾点を整理し訂正した形で組織分類を提示し,アトラスとして明快に解説した.2分冊の1冊目となる『皮膚腫瘍Ⅰ』では,角化細胞性腫瘍,付属器系腫瘍と皮膚特有の間葉系腫瘍を取り上げる.皮膚科医と病理医にとって皮膚腫瘍に関するひとつの「共通語」を提供し,相互理解を促進するとともに,研修医にも役立つ病理学的ガイドラインとした.

第1部 検鏡前の確認事項
 I.角化細胞性腫瘍,付属器系腫瘍と皮膚特有の間葉系腫瘍の分類
 II.病理標本の取扱い方
第2部 組織型と診断の実際
 I.角化細胞性腫瘍
  総論
  各論
    1.良性腫瘍
    (1)疣贅
    (2)棘細胞腫
    2.悪性腫瘍
    (1)扁平上皮癌
    (2)Bowen病
    (3)日光角化症
 II.皮膚付属器系腫瘍
  総論
  各論
   A.腺および導管系腫瘍(アポクリン・エックリン系腫瘍)
    1.良性腫瘍
    (1)汗嚢腫
    (2)汗管腫
    (3)汗孔腫
    (4)エックリン汗管線維腺腫
    (5)汗腺腫
    (6)らせん腺腫
    (7)円柱腫
    (8)腺管腺腫・腺管乳頭状腺腫
    (9)乳頭状汗管嚢胞状腺腫
    (10)乳頭状汗腺腫
    (11)混合腫瘍
    2.悪性腫瘍
    (1)管状癌
    (2)小嚢胞状付属器癌
    (3)悪性混合腫瘍
    (4)汗管癌
    (5)らせん腺癌
    (6)汗腺癌
    (7)粘液癌
    (8)指趾乳頭状癌
    (9)腺様嚢胞癌
    (10)アポクリン癌
    (11)Paget病および乳房外Paget病
    B.毛包系腫瘍
    1.良性腫瘍および腫瘍類似病変
    (1)毛芽腫
    (2)毛母腫
    (3)外毛根鞘腫
    (4)毛包腫
    (5)毛包棘細胞腫
    (6)毛包漏斗部腫瘍
    (7)線維毛包腫/毛盤腫
    2.悪性腫瘍
    (1)基底細胞癌
    (2)毛母細胞癌(悪性毛母腫)
    (3)増殖性外毛根鞘性腫瘍
    C.脂腺系腫瘍
    1.良性腫瘍
    (1)脂腺腺腫
    (2)脂腺腫
    (3)嚢胞状脂腺系腫瘍
    2.悪性腫瘍
    (1)脂腺癌
 III.皮膚特有の間葉系腫瘍
  総論
  各論
   A.血管系・リンパ管系腫瘍
    1.良性腫瘍および腫瘍類似病変
    (1)乳児性血管腫
    (2)サクランボ様血管腫
    (3)洞様毛細血管腫
    (4)鋲釘血管腫
    (5)房状血管腫
    (6)糸球体様血管腫
    (7)微小細静脈血管腫
    (8)好酸球増加随伴性血管類リンパ組織増殖症
    (9)紡錘形細胞性血管腫
    (10)桿菌性血管腫症
    (11)反応性血管内皮細胞腫症
    (12)疣贅性血管腫
    (13)化膿性肉芽腫
    (14)海綿状血管腫
    (15)被角血管腫
    (16)動静脈血管腫
    (17)限局性リンパ管腫
    (18)進行性リンパ管腫
    (19)リンパ管腫症
    2.悪性腫瘍
    (1)皮膚血管肉腫
    (2)Kaposi肉腫
    (3)類上皮血管内皮腫
   B.平滑筋・横紋筋腫瘍
    1.良性腫瘍および腫瘍類似病変
    (1)平滑筋過誤腫
    (2)立毛筋平滑筋腫
    (3)横紋筋腫様間葉系過誤腫
    2.悪性腫瘍
    (1)皮膚平滑筋肉腫
   C.線維,線維組織球性および組織球性腫瘍
    1.良性腫瘍および腫瘍類似病変
    (1)ケロイド瘢痕
    (2)肥厚性瘢痕
    (3)皮膚線維腫(線維性組織球腫)
    (4)皮膚筋線維腫
    (5)乳児筋線維腫症
    (6)硬化性線維腫
    (7)指の粘液嚢胞
    (8)指の線維角化腫
    (9)多形性線維腫
    (10)巨細胞線維芽細胞腫
    2.悪性腫瘍
    (1)隆起性皮膚線維肉腫
    (2)異型線維黄色種
   D.神経系腫瘍
    1.良性腫瘍および腫瘍類似病変
    (1)柵状被包性神経腫と外傷性神経腫
    (2)神経鞘粘液腫/神経莢腫
    (3)顆粒細胞腫
    2.悪性腫瘍
    (1)原始神経外胚葉性腫瘍/骨外性Ewing肉腫
    (2)Merkel細胞癌
第3部 鑑別ポイント
 I.角化細胞性腫瘍で問題となる疾患の鑑別
    1.ケラトアカントーマと扁平上皮癌
    2.扁平上皮癌と汗孔癌
    3.Bowen病,Paget病,表皮内黒色腫
    4.扁平苔癬と扁平苔癬様角化症
 II.皮膚付属器系腫瘍で問題となる疾患の鑑別
    1.らせん腺腫と円柱腫
    2.毛芽腫と基底細胞癌
    3.脂腺増生症,脂腺腺腫と脂腺腫
    4.脂腺癌,脂腺分化を伴う基底細胞癌,毛包癌(外毛根鞘癌)
    5.扁平上皮癌,増殖性外毛根鞘性腫瘍
 III.皮膚特有の間葉系腫瘍および腫瘍類似病変で問題となる疾患の鑑別
    1.肥厚性瘢痕とケロイド
    2.皮膚線維腫と隆起性皮膚線維肉腫,異型線維黄色腫
    3.Kaposi肉腫様血管内皮腫とKaposi肉腫
    4.Kaposi肉腫と血管肉腫
    5.好酸球増加随伴性血管リンパ組織増殖症と木村病
    6.血管様扁平上皮癌と血管肉腫
 IV.皮膚にみられる紡錘形細胞腫瘍の鑑別
    1.紡錘細胞型扁平上皮癌,紡錘細胞型悪性黒色腫,異型線維黄色種と平滑筋肉腫
第4部 臨床との連携
 I.角化細胞性腫瘍における病期の判定と病期別治療指針
 II.皮膚付属器悪性腫瘍における病期の判定と病期別治療指針
 III.皮膚特有の間葉系悪性腫瘍における病期の判定と病期別治療指針
 IV.固形癌の化学療法の効果判定基準
 V.病理診断報告書の記載
索引