TOPページへ

骨腫瘍の病理(電子版のみ)

カバー写真
  • 著:石田剛(国立国際医療研究センター,国府台病院中央検査部部長)
  • B5変型判・510頁・4色刷
  • ISBN 978-4-8306-0471-3
  • 2012年3月発行
定価 30,800 円 (本体 28,000円 + 税10%)
なし
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

内容

主要目次

骨腫瘍を専門としない病理医にとっては,遭遇する機会の少ない骨腫瘍の診断に際して,慣れない画像所見,骨腫瘍独特の疾患分類や所見に戸惑い,自信をもって診断をつけることが難しいことも多いと思われる.本書はそのような読者のために,日常診断に活用することができるよう標準的な内容のreference bookとして,多数の病理組織写真やX線写真を用いて骨腫瘍および骨腫瘍様病変の病理をまとめた解説書である.

1.総論
 I.イントロダクション
 II.骨の正常構造
  1.肉眼解剖
  2.骨の組織学
  3.リモデリング
 III.骨腫瘍の分類と組織診断
  1.骨腫瘍分類とその歴史
  2.骨腫瘍の頻度,好発年齢および好発部位と鑑別診断
  3.骨腫瘍のgradingとstaging
 IV.骨腫瘍の画像所見
 V.骨腫瘍へのアプローチと検索方法
  1.骨腫瘍生検
  2.骨腫瘍手術
  3.電子顕微鏡,免疫組織化学,遺伝子診断

2.良性骨形成性腫瘍
 I.骨腫
 II.類骨骨腫
 III.骨芽細胞腫

3.悪性骨形成性腫瘍
 I.髄内骨肉腫
  1.通常型骨肉腫
  2.血管拡張型骨肉腫
  3.骨内高分化型骨肉腫
  4.小細胞型骨肉腫
 II.皮質骨内骨肉腫
 III.骨表面骨肉腫
  1.傍骨性骨肉腫
  2.骨膜性骨肉腫
  3.高悪性度表在性骨肉腫
 IV.その他の骨肉腫
  1.多発性骨肉腫
  2.二次性骨肉腫

4.良性軟骨性腫瘍
 I.内軟骨腫
 II.骨膜性軟骨腫
 III.内軟骨腫症
 IV.骨軟骨腫
 V.多発性骨軟骨腫
 VI.軟骨芽細胞腫
 VII.軟骨粘液線維腫

5.悪性軟骨性腫瘍
 I.軟骨肉腫
 II.脱分化型軟骨肉腫
 III.淡明細胞型軟骨肉腫
 IV.間葉性軟骨肉腫
 V.骨膜性軟骨肉腫

6.骨巨細胞腫
 I.骨巨細胞腫
 II.悪性骨巨細胞腫

7.Ewing肉腫ファミリー腫瘍

8.線維性・線維組織球性腫瘍
 I.非骨化性線維腫
 II.良性線維性組織球腫
 III.筋線維腫症
 IV.類腱線維腫
 V.線維肉腫
 VI.悪性線維性組織球腫

9.線維・骨形成病変
 I.線維性骨異形成
 II.骨線維性異形成
 III.骨化性線維腫

10.骨脈管性腫瘍
 I.血管腫
 II.血管腫症
 III.広範骨融解
 IV.リンパ管腫・リンパ管腫症
 V.グロームス腫瘍
 VI.血管内皮腫
 VII.類上皮血管内皮腫
 VIII.血管肉腫

11.脊索細胞性腫瘍
 I.遺残脊索
 II.良性脊索細胞腫
 III.脊索腫
 IV.軟骨様脊索腫
 V.脱分化型脊索腫
 VI.異型脊索腫

12.長管骨アダマンチノーマと関連病変
 I.骨線維性異形成
 II.長管骨アダマンチノーマ
 III.骨線維性異形成様アダマンチノーマ

13.造血器系腫瘍
 I.骨髄腫
 II.悪性リンパ腫
 III.Langerhans細胞組織球症
 IV.Erdheim─Chester病
 V.巨大なリンパ節腫大を伴う洞組織球症
 VI.肥満細胞症

14.その他の骨腫瘍
 I.脂肪性腫瘍
  1.骨脂肪腫
  2.脂肪肉腫
 II.神経性腫瘍
  1.神経鞘腫
  2.神経線維腫
  3.悪性末梢神経鞘腫瘍
 III.平滑筋腫
 IV.平滑筋肉腫
 V.横紋筋肉腫
 VI.腫瘍性骨軟化症
 VII.胸壁過誤腫
 VIII.線維軟骨性間葉腫
 Ⅸ.乳幼児色素性神経外胚葉性腫瘍
 X.粘液腫・線維粘液腫
 XI.黄色腫
 XII.悪性間葉腫
 XIII.骨に発生する軟部腫瘍

15.腫瘍様病変
 I.単発性骨嚢腫
 II.動脈瘤様骨嚢腫
 III.巨細胞修復性肉芽腫
 IV.骨内ガングリオン
 V.類表皮嚢胞
 VI.爪下外骨腫
 VII.傍骨性骨軟骨異型増生
 VIII.FLORID REACTIVE PERIOSTITIS
 Ⅸ.骨梗塞
 X.骨Paget病
 XI.褐色腫(上皮小体機能亢進症)
 XII.アミロイド腫瘍

16.転移性骨腫瘍

参考文献
索引