TOPページへ
最新号 Medical Practice  2019年10月号(36巻10号)

尿検査異常へのアプローチ

尿を手がかりに腎・尿路と全身を診る

  • B5判・168頁・2色刷(一部4色刷)
  • 雑誌コード 12077-10
  • 2019年10月1日発行
定価 2,860 円 (本体 2,600円 + 税)
あり
在庫

主要目次

次号予告

【特集】
●扉/濱崎敬文
[座談会]
●尿検査異常に対するアプローチと連携
 出席者/須永眞司・濱崎敬文・小島一郎・高野秀樹
[総説]
●腎疾患と尿検査異常/守矢英和
●全身疾患と尿検査異常/和田健彦
[セミナー①/尿検査からわかること]
●適切な尿検体の採り方,検体処理,保存の方法/森田賢史ほか
●尿定性検査(尿試験紙法)/真弓健吾
●尿沈渣/宿谷賢一
●血 尿/衣笠哲史
●蛋白尿/小板橋賢一郎
●膿尿・細菌尿/内田大介ほか
●尿生化学/佐藤 大
●尿中バイオマーカー/宮本佳尚
●下部尿路機能障害/亀井 潤
[トピックス]
●ドーピングと尿異常/竹村浩至ほか
●AKI早期診断に向けた新たな尿検査─尿中低酸素の検出─/平川陽亮
[セミナー②/各疾患領域からみた尿検査とその異常へのアプローチ]
●感染症と尿検査異常/吉野友祐
●循環器疾患と尿検査異常/本田智子
●血液疾患と尿検査異常/髙橋 慧ほか
●糖尿病・代謝,内分泌疾患と尿検査異常/髙士祐一
●消化器疾患における尿検査/佐野拓真ほか
●悪性腫瘍と尿異常/松本明彦
●救急における尿検査/早瀨直樹
●小児の尿検査とその異常へのアプローチ/瀬谷 恵
[この症例から何を学ぶか]
●腎機能障害を契機に全身疾患が発見された症例/本田謙次郎
[Self─assessment test]
【連載】
〈One Point Advice〉
●国内初のCAR-T細胞療法/宮川義隆
●G群溶血性レンサ球菌による反復感染(再燃と再感染)の事例/高橋 孝
●認知症=もの忘れ?:陥りやすい思い込み/佐藤正之
●リウマチ学と神経学/川畑仁人
●経カテーテル弁膜症治療/阿古潤哉
●platypnea-orthodeoxia syndrome—座位にて悪化する低酸素血症/山田充啓
●トランスサイレチン型心アミロイドーシス診療の進歩/肥田 敏
●キラルアミノ酸をご存知でしょうか?/猪阪善隆
〈今月の話題〉
●CREDENCE試験/山崎智貴ほか
〈知っておきたいこと ア・ラ・カルト〉
●膵がんの早期診断マーカー/本田一文
〈この検査値から何を疑うか?〉第19回
●腹水中の好中球数増加/名越澄子

☆2019年11月号(36巻11号)
【特集】内科医が知っておくべき精神医学・精神疾患
    —からだとこころはひとつながり—
●扉/笠井清登
[座談会]
[総説/実地医家のための精神医学概説]
●からだとこころはひとつながり/明智龍男
●value-based practice(VBP)とは何か?/尾藤誠司
[セミナー①/内科医がよく遭遇する精神疾患の具体的知識と対応]
●より良い医師・患者コミュニケーションのためのトラウマインフォームドケア/金澤剛志
●うつ状態・病棟篇/平山貴敏
●うつ状態・外来篇/加藤 温
●不安症/不眠症/身体症状症/清水栄司
●アルコール依存症/小松知己
●過活動型せん妄と低活動型せん妄/星野瑞生
●統合失調症/宇野晃人
●精神科・神経内科の境界領域疾患/森島 亮
●心因性非てんかん発作(PNES)/西田拓司
[トピックス]
●22q11.2欠失症候群の精神症状/和田 明
[セミナー②/その他の精神疾患の治療について実地医家が知っておくべきこと]‌
●摂食障害/一條智康
●薬剤性精神症状/大野友梨香
●ステロイド誘発性精神障害の理解と対応/熊倉陽介
●解離性昏迷/柴山雅俊
●アカシジア,むずむず足症候群,REM睡眠行動異常症/諏訪 浩
●急性期医療におけるグリーフケアの必要性/草島邦夫
[この症例から何を学ぶか]
●精神症状のために内科的加療が困難だった統合失調症の一例/大熊彩子