TOPページへ
心エコー  2017年7月号(18巻7号)

症例から学ぶ心不全診療のための心エコー

Update 2017

カバー写真
  • 特集編集:兵頭永一・渡辺弘之
  • B5判・100頁・4色刷
  • 雑誌コード 04271-7
  • 2017年7月1日発行
定価 2,916 円 (本体 2,700円 + 税)
あり
在庫
電子版販売サイト
電子書籍の販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

次号予告

【特集】
心不全の知識を再確認する
●心不全の病態と定義/長浦貴史・兵頭永一
●まだ必要?Swan-Ganzカテーテル/林田晃寛
心不全を分類して理解する
●HFrEFはなぜ重要?/太田光彦
●HFpEFはなぜ重要?/西條良仁・山田博胤
●左室充満圧の測定価値は?/小室あゆみ・和田靖明
●右心不全へのアプローチ/大西哲存
心不全治療の最前線を知る
●CRTの適応診断 心エコーは役立つのか?/岩倉克臣
●心不全のマーカー 機能性MRをどう扱うか?/杉本匡史
●急性心筋炎 急いで補助人工心臓をつけるとき/大西俊成
●重症心不全 心臓移植に向けて備えるべきこと/加藤倫子
【連載】
<症例問題>WEB連動企画
●僧帽弁形成術後に起きた僧帽弁狭窄の1例/赤松加奈子・阿部幸雄

-