TOPページへ
最新号 臨床スポーツ医学  2020年11月号(37巻11号)

スポーツ現場におけるアイシングの活用を再考する

カバー写真
  • 特集編集:山本利春
  • B5判・128頁・2色刷
  • 雑誌コード 09451-11
  • 2020年11月1日発行
定価 2,970 円 (本体 2,700円 + 税)
あり
在庫

主要目次

次号予告

【特集】
〈総論〉
 スポーツ現場におけるアイシングの考え方/笠原政志 他
 分子・細胞生物学の研究知見からみたアイシングの是非/田村優樹
〈パフォーマンス発揮を目的としたアイシング〉
 アイシングのタイミングとパフォーマンス/剱持佑起 他
 環境に応じたアイシングとパフォーマンス/齊藤訓英
 プレクーリングとパフォーマンス/瀧澤一騎
〈応急処置を目的としたアイシング〉
 米国NATAにおけるアイシング教育-RICE処置を中心に/向井原洋平 他
 労作性熱中症の応急処置としての冷却方法/細川由梨
〈スポーツ障害の予防を目的としたアイシング〉
 スポーツ障害に対する寒冷療法の効果/加賀谷善教
 投球障害予防のためのアイシング/宮下浩二
〈競技特性を踏まえたアイシング〉
 サッカーにおけるアイシングの活用/中村大輔
 ラグビーにおけるアイシングの活用/浦山真吾 他
 柔道競技におけるアイシングの活用/清水伸子 他
 持久系競技におけるアイシングの活用/橋川拓史 他
〈効果的なアイシングをねらいとしたグッズ〉
 入る-全身クライオセラピー/中村真理子 他
 浸かる-アイスバス/西山侑汰 他
 圧迫する-不凍ゲルを用いた冷却パッド/外園 隆 他
 着ける-クーリングベスト&保冷剤/柳岡拓磨 他
 飲む-アイススラリー/長谷川 博 他

【連載】
〈再生医療とスポーツ医学 第11回〉
 損傷半月板を温存するための細胞治療/関矢一郎
〈トレーナーのためのスポーツ医学講座 第11回〉
 〔救急処置と痛みの評価と対応〕スポーツによる痛みの評価と対応(上肢)/古屋貫治 他

【臨スポOPINION】
 スポーツ医学における教育と新規技術開発:カダバーセミナーの意義
 関節鏡手術教育とカダバーセミナー(教育者からの観点)
 脊 椎/東野恒作 他

【臨スポニュース】

2020年12月号(37巻12号)
【特集】2021年からのアンチ・ドーピング
    -Code改定と未来のスポーツを考える-
    編集:西良浩一・室伏由佳

〈総 論〉
 スポーツの価値を護るアンチ・ドーピングにむけた取り組みと対策/室伏由佳 他
 アンチ・ドーピング規定の改定-Code 2021はどのように発展するのか/山本真由美
 ドーピングの歴史と国際的なアンチ・ドーピング規則違反事例/片岡 彰
 日本人アスリートにおけるアンチ・ドーピング規則違反の歴史と事例-近年の傾向を捉える/渡部厚一
〈薬とサプリメントによるドーピング〉
 栄養士の立場からのアンチ・ドーピング/鈴木いづみ
 スポーツファーマシスト-薬剤師の立場と行動規範/笠師久美子
〈ドーピング検査〉
 ドーピング禁止物質と禁止方法に関する情報提供-禁止表国際基準/上東悦子
 禁止物質を使用する手続きTUE申請-承認までの手続きと注意点/田畑尚吾 他
 競技会検査と競技会外検査/蒲原一之
 検体分析のあらまし-検体分析機関/岡野雅人
〈アスリートとサポートスタッフが考えるこれからのアンチ・ドーピング〉
 医療従事者に必要な情報とアンチ・ドーピング活動における役割/鈴木智弓 他
 アスリートの立場から考えるアンチ・ドーピング/齋藤里香
 大学スポーツ系学科における「スポーツの価値」教育の事例/杉林孝法
〈アンチ・ドーピング教育-Code 2021に策定される新たな国際基準とアスリート憲章〉
 アンチ・ドーピング教育-教育に関する国際基準の策定と教育の方向性/室伏由佳
 アンチ・ドーピングにおけるアスリートの権利宣言/田辺陽子