TOPページへ
Medical Practice  2024年2月号(41巻2号)

膠原病

膠原病の診断と治療のベストプラクティス

カバー写真
  • 特集編集:藤尾圭志(東京大学大学院医学系研究科内科学専攻アレルギー・リウマチ学)
  • B5判・164頁・2色刷(一部4色刷)
  • 雑誌コード 12077-2
  • 2024年1月29日発行
定価 2,970 円 (本体 2,700円 + 税10%)
あり
在庫
電子版販売サイト

上記の電子版販売サイトのボタンをクリックすると,外部の
サイトに移動します.電子版の購入方法は各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

次号予告

【特 集】
■扉……藤尾圭志
■座談会 膠原病診療における実地医家と専門医の連携
 出席者:石井智徳・島田浩太・藤尾圭志・須永眞司
■総説 膠原病の診療に必要な知識
 膠原病の概要と疫学……岩田 慈ほか
 膠原病の早期診断と鑑別疾患……金子駿太
 膠原病に伴う皮膚病変の診察のポイント……住田隼一
■セミナー 最新の膠原病の診断と治療
 全身性エリテマトーデスの診断と治療……河野通仁
 全身性強皮症の診断と治療……安岡秀剛
 炎症性筋疾患の診断と治療……梅澤夏佳
 シェーグレン症候群の診断と治療……坪井洋人ほか
 混合性結合組織病とオーバーラップ症候群……住友秀次ほか
 血管炎の診断と治療……田村直人
 成人スチル病の診断と治療……三村俊英
 IgG4関連疾患の診断と治療……山本元久
 膠原病・全身性リウマチ性疾患におけるグルココルチコイドの使い方と注意点……亀田秀人
 膠原病合併妊娠と周産期の管理……土田優美
 高齢者における膠原病の診断と治療……久保かなえ
■トピックス
 膠原病の病態研究の最前線:膠原病におけるⅠ型インターフェロンの役割……高松漂太
■治療 膠原病の重要臓器病変のマネジメント
 膠原病に伴う腎障害の診断と治療……井熊大輔ほか
 膠原病に伴う間質性肺疾患のマネジメント……桑名正隆
 膠原病に伴う神経精神症状の診断と治療……川畑仁人
 膠原病に伴う肺高血圧症のマネジメント……波多野 将
■この症例から何を学ぶか
 肝障害が先行し,診断に難渋した成人発症スチル病の1例……河野正憲ほか
■Self-assessment test

【連 載】
◉One Point Advice
 レイノー現象の評価:スマートフォンの活用……桑名正隆
 要介護状態にしない低栄養・カヘキシア予防……米永一理
 認知症の診断……伊藤 恒
 拡張型心筋症患者の血縁者スクリーニング……森田啓行
 肥満症治療の成功率を上げるために……上野浩晶
 医師の思いと患者の思い……清田雅智
 かぜ診療の難しさと重要性……小金丸 博
 高次脳機能障害について……高岡 徹
◉今月の話題
 SGLT2阻害薬によるHFpEFの治療……関 光里ほか
◉知っておきたいこと ア・ラ・カルト
 緩徐進行1型糖尿病(SPIDDM)の診断基準改訂(2023)……大久保佳昭ほか
◉エキスパートが教える問診の勘どころ
 対話から拾い上げるコモンディジーズ
 (第8回)「1年前から脈が速いんです」……福澤文駿ほか
2024年3月号(41巻3号)
【特 集】
 頭痛―頭痛難民を救う,頭痛診療の実践―

■扉……北村英二
■座談会 頭痛難民はどのようにしたら減るのか:実地医家の役割とは
 今井 昇×渡邉由佳×北村英二×山内敏正(司会)
■総説 実地医家が知っておくべき頭痛診療
 頭痛診療の現状……清水利彦
 頭痛の診療ガイドライン2021を紐解く……辰元宗人
 片頭痛治療の今までとこれから……工藤雅子
■セミナー 頭痛診療のいろは
 あらためて学ぶ片頭痛の病態……渡邊成美
 CGRPと頭痛……永田栄一郎
 一次性頭痛を理解する……石井亮太郎
 二次性頭痛を見逃さない……松森保彦
 片頭痛の診断……今井 昇
 緊張型頭痛診療のポイント……下畑敬子
 TACs診療のポイント……土井 光
 慢性頭痛に対処する……柴田 護
 女性のライフサイクルと頭痛……稲垣美恵子
 こどもの頭痛……疋田敏之
■トピックス 
 頭痛とオンライン診療……島津智一
 頭痛のデバイス治療……團野大介
■治療 知っておくべき頭痛治療の要点
 あらためて学ぶ片頭痛の急性期治療……仁平敦子
 あらためて学ぶ片頭痛の予防療法……粟木悦子
 CGRP関連抗体薬を使いこなす……菊井祥二
 薬剤の使用過多による頭痛への対処……渡邉由佳
 頭痛の認知行動療法……端詰勝敬
 CGRP受容体拮抗薬 ゲパントについて……古和久典
■この症例から何を学ぶか 
 片頭痛に椎骨動脈解離を合併した1例と特徴的な頭部MRI所見を認めた癌性髄膜炎の1例……中村幹昭