TOPページへ
Medical Practice  2017年5月号(34巻5号)

ウイルス肝炎(電子版のみ)

実地診療に活用したいウイルス肝炎の最新情報

  • B5判・176頁・2色刷
  • 雑誌コード 12077-5
  • 2017年5月1日発行
定価 2,750 円 (本体 2,500円 + 税)
なし
在庫
電子版販売サイト

※電子版の購入方法は,各販売サイトにてご確認ください.

主要目次

【特集】
●扉/黒崎雅之
[座談会]
●インターフェロンフリー時代におけるウイルス肝炎の実地診療
 出席者/小室一成・黒崎雅之・考藤達哉・神山俊典
[総説:わが国の最新のガイドライン]
●日本肝臓学会B型肝炎治療ガイドラインUpdate/田中 篤
●日本肝臓学会C型肝炎治療ガイドラインUpdate/平松直樹
[セミナー:実地診療に活用したいウイルス肝炎の最新情報]
●B型肝炎の自然経過とその予測マーカー/八橋 弘
●B型肝炎ワクチンのUniversal接種で何が変わるか/四柳 宏
●B型肝炎の再活性化─化学療法から抗リウマチ薬まで─/持田 智
●抗ウイルス治療中のB型肝炎における発癌リスク/榎本 大ほか
●C型肝炎の撲滅をめざした地域医療の対策/宮原千賀ほか
●合併症を有するC型肝炎の治療/須田剛生ほか
●C型肝炎ウイルス排除によるQOLの向上/楊 和典ほか
●C型肝炎ウイルス排除後の最適診療/朝比奈靖浩
●A型肝炎の現状とトピックス/神田達郎
●E型肝炎の現状/姜 貞憲
●肝生検なしで肝線維化を評価する検査法/多田俊史
[トピックス]
●肝がん治療後のC型肝炎に対する抗ウイルス療法/上甲康二
●直接作用型抗ウイルス薬(DAA)治療不成功例の現状と対策/板倉 潤
[治療:より有効な治療薬の使いかた]
●B型肝炎治療におけるPeg─IFNの活用法/松本晶博
●B型肝炎アナログ治療Update/新海 登
●C型肝炎DAA治療の実地医療における安全性と有効性ソホスブビル/リバビリン/赤羽武弘
●ソホスブビル/レジパスビル/高口 浩
●オムビタスビル/パリタプレビル・リトナビル/鈴木文孝
●ダクラタスビル/アスナプレビル/今村道雄
●C型肝炎に対するDAA新薬の展望/佐藤光明
[この症例から何を学ぶか]
●C型肝炎ウイルス排除後に肝細胞癌を発症した症例/安井 豊
【連載】
〈One Point Advice〉
●ポリファーマシーをみたら/入谷 敦
●EDTA依存性偽性血小板減少症/服部幸夫
●ACE阻害薬の腹部大動脈瘤拡張予防効果/森田啓行
●患者の宗教について/神田橋宏治
●身体診察,どこから始めますか?/松村正巳
●診察室で診るサルコペニア/山田 実
●環状鉄芽球/松田 晃
●糖尿病性認知症/羽生春夫
〈今月の話題〉
●新しい高コレステロール薬:PCSK9阻害薬をめぐって/岡﨑啓明
〈知っておきたいこと ア・ラ・カルト〉
●麻 疹/佐藤 弘ほか
〈内科医のための画像診断エッセンス〉第14回
●産婦人科領域の急性腹症を画像検査で診断する②/市川新太郎