TOPページへ

全病理医必携書,14年ぶり待望の改訂!

外科病理学第5版

カバー写真
  • 編集主幹:深山正久(東京大学名誉教授)
  •       森永正二郎(日野市立病院顧問)
  • 編集:小田義直(九州大学教授)
  •     坂元亨宇(慶應義塾大学教授)
  •     松野吉宏(北海道大学教授)
  •     森谷卓也(川崎医科大学教授)
  • B5変型判・1892頁・4色刷
  • ISBN 978-4-8306-0481-2
  • 2020年4月発行
定価 46,200 円 (本体 42,000円 + 税)
なし
在庫

内容

1984年刊行の初版より病理医に絶大なる支持を得ている『外科病理学』,14年ぶりの第5版改訂.「実用性を重視した病理診断医の座右の書」という初版からのコンセプトを守りつつ,現在の病理診断の標準を示すべくWHO分類,取扱い規約などに沿って最新の内容にアップデート.また,第4版まではモノクロ印刷であったのをフルカラー印刷とし,病理写真をカラー掲載した.病理専門医資格取得のためにも役立つ,すべての病理診断医にとって必携のテキスト.
*2分冊(I巻:944頁,II巻:948頁)・上製本・函入り