TOPページへ

若手麻酔科医でも最新・最適の呼吸管理を取得できる!人工呼吸器を理解して使えるようになる!!

麻酔科プラクティス  3

麻酔科医に必要な周術期呼吸管理

カバー写真
  • 編集:佐藤暢一(東邦大学)
  • 責任編集:山本達郎(熊本大学)
  •       水本一弘(和歌山県立医科大学)
  •       垣花 学(琉球大学)
  •       加藤里絵(昭和大学)
  •       佐藤暢一(東邦大学)
  • B5判・274頁・4色刷
  • ISBN 978-4-8306-2849-8
  • 2020年12月発行
定価 12,100 円 (本体 11,000円 + 税)
なし
在庫

内容

〈麻酔科プラクティス〉シリーズ第3巻は,術中の麻酔管理に重要な「呼吸管理」について必要な最新知識を解説.近年,人工呼吸器の性能は飛躍的に向上し,様々なモニタリング機能やモードが追加された.便利になった反面,本来の適切な設定方法で見るべきポイントが忘れられてきている.本書では,呼吸管理に苦手意識を持つ麻酔科医や若手麻酔科医でも適切に理解して呼吸管理ができるよう,必ず押さえておきたい情報を厳選解説.人工呼吸器,気道確保デバイスを理解して使えるようになる.呼吸管理の最新の考えかた,人工呼吸器のモードや画面の見かた,術前評価のポイントがわかる.また,本書に満載,最前線で臨床に携わる麻酔科医によるアドバイス「Clinical Pearls」は必ず実践で役立つはず.

【シリーズの特徴】
現在の麻酔科臨床で特に注目の集まるトピックスや新たな課題を厳選し,フルカラーの誌面でビジュアルに整理・解説.若手からベテラン麻酔科医までを対象とし,臨床で役立つ最新かつ最良の意義深いテーマを提供する.

〈麻酔科プラクティス〉シリーズ刊行予定
1 産科麻酔 All in One
 編集:加藤里絵
 定価:13,000円+税
 刊行:2020年7月
2 周術期の輸液・輸血療法 All in One
 編集:山本達郎
 定価:12,000円+税
 刊行:2020年6月
3 麻酔科医に必要な周術期呼吸管理
 編集:佐藤暢一
 定価:11,000円+税
 刊行予定:2020年12月
4 臨床麻酔の局所解剖(仮)
 編集:垣花 学
 予価:12,000円+税
 刊行予定:2021年4月
5 周術期の安全・感染対策と合併症(仮)
 編集:水本一弘
 予価:10,000円+税
 刊行予定:2021年4月

※以下続刊.全10タイトル程度を予定(書名・定価・刊行日:未定)