TOPページへ

ステロイドが明日から使いこなせます!

研修医のための

ステロイドの使い方のコツ

カバー写真
  • 編集:川合眞一(東邦大学教授)
  • A5判・132頁・2色刷
  • ISBN 978-4-8306-1011-0
  • 2009年4月発行
定価 3,024 円 (本体 2,800円 + 税)
あり
在庫

内容

主要目次

ステロイドは臨床の場で便利に,かつ広範に使用されているが,一方で重大な副作用を生じさせ,その使用にあたっては微妙な匙加減を必要とします.
本書では,研修医を主な読者対象に,日頃臨床の場で疑問に思い,ちょっと調べたくなるステロイドの基礎知識や使い方を解説.内服剤,注射剤,皮膚外用剤,点眼薬…それぞれの使い方のポイントや,癌患者,高齢者,小児,妊婦,周術期などでの注意点についてわかりやすく伝授.また,副作用や他の薬との相互作用への対策も万全.これほどコンパクトにやさしくステロイドの選択と使用の実際を解説しているテキストは本書だけ.ステロイド療法のエキスパートへの1冊.
☆図版20点,表組23点,写真3点

I.ステロイドはこんな薬
 1 ステロイド・ストーリー
 2 ステロイドはなぜ効くか?
 3 ステロイドにはどんな種類があるか?
II.ステロイドの使い方のコツ
 1 内服剤の使い方
 2 注射剤の使い方
 3 皮膚外用剤の使い方
 4 吸入剤の使い方
 5 眼科領域の外用剤・点眼薬の使い方
 6 耳鼻科領域の外用剤の使い方
 7 悪性腫瘍での使い方
 8 高齢者・小児・妊婦での使い方
 9 手術を受けるときの注意点
 10 相互作用~他の薬と使うとき~
III.こんな副作用に注意
 1 ステロイドのよくある副作用
 2 感染症のサインを見逃すな
 3 骨粗鬆症・大腿骨頭壊死を予防する
 4 糖尿病・脂質異常症への対策
副腎皮質ステロイド一覧
索引