TOPページへ

スポーツ外傷・障害を的確に評価し,予防へつなげる!

スポーツ理学療法プラクティス  

機能評価診断とその技法

カバー写真
  • 編集:片寄正樹(札幌医科大学)
  •     小林寛和(日本福祉大学)
  •     松田直樹(国立スポーツ科学センター)
  • B5判・216頁・2色刷
  • ISBN 978-4-8306-4559-4
  • 2017年8月発行
定価 5,400 円 (本体 5,000円 + 税)
あり
在庫

内容

序文

主要目次

[スポーツ理学療法プラクティス]は,医療現場・競技現場でスポーツ理学療法に求められる,アドバンスな技術・知識を解説するシリーズです.スポーツ外傷・障害の各種評価方法(理学的検査,医用画像,生化学検査,筋電図,動作分析,フィールドテスト,モニタリング)と,その結果の解釈のしかたを解説.スポーツ外傷・障害の予防戦略,競技パフォーマンスの評価についても解説しており,スポーツ理学療法に携わる理学療法士・トレーナー必携の書.

「急性期治療とその技法」序文

 我が国のスポーツは,ここ数年間で大きく様変わりをしています.2011年に施行されたスポーツ基本法には,スポーツに関する施策が国の責務であると明記され,競技力の向上とともに,障がい者スポーツ,地域スポーツ,生涯スポーツなど,実施目的と対象者層が拡がる契機となりました.同法では競技水準の向上,国民のスポーツ機会の確保などとともに,スポーツ外傷・障害の予防や科学的研究の推進についても強調されています.
 スポーツ理学療法も,医療機関のみでなくスポーツフィールドなどにも実践の場を拡げながら,さまざまな対象者からのスポーツ復帰,外傷・疾病予防,パフォーマンス向上などに関する要望に応えつつあります.
 さらに,2019年ラグビーワールドカップ,2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会,2021 年関西マスターズゲーム等々の世界的な大イベントを控えることからも,提供する内容を一層充実させるべく,付加しておくべき知識や技能は少なくないと感じています.
 このような背景の中,スポーツ理学療法に長く関わってきた我々編者が,スポーツ理学療法の現状を踏まえて,「これから」と「国際基準」を見据えて議論を進めてきました.そこから,早急な実施内容の補完とレベルの向上を要する事柄について整理し,スポーツ理学療法プラクティスシリーズとして企画しました.
 本巻で取り上げた急性期治療も,その重要なテーマのひとつになります.
 急性期治療とは,受傷直後の評価から導く救急処置と急性期理学療法を包括したものと捉えています.受傷後早期から治癒促進をはかるための積極的なアプローチの実践を指すものになり,これは,通常の救急処置や術後管理をさらに進めた概念であるといえます.急性期のヒーリングプロセスの促進に,スポーツ理学療法の知識や技能が貢献できるところは多々あります.しかし,我が国の医療機関やスポーツフィールドにおいて,それらが認識,活用されているとはいえない現状です.
 本書は,日頃から急性期治療を実践されている著者の方々に,具体的な働きかけと,そのベースともなる損傷組織のヒーリングプロセスの知識に至るまで,スポーツ理学療法における急性期治療の「幹」を記していただきました.的確な急性期治療に欠かせない充実した内容の一冊になっていることは間違いありません.日常の業務でご多忙の中,本書の執筆にご協力いただいた37名の先生方,企画・編集に携わっていただいた中村
晴彦氏,増谷亮太氏に感謝の意を表します.
 この一冊を通じて,リハビリテーション,外傷予防,パフォーマンス向上などに加えて,急性期治療がスポーツ理学療法の主要な位置づけとなり,スポーツに取り組む方々の早期の円滑なスポーツ復帰,より良いスポーツ活動の一助となっていくことを願います.

2017年8月
日本福祉大学 小林寛和

I 総説
 1 スポーツ理学療法における評価診断の実践に向けて
II 評価技法と治療計画
 1 外傷・障害の発生メカニズム
 2 評価,治療に続く予防戦略
III 検査評価総論
 1 理学的検査
  1)alignment
  2)mobility
  3)stability
  4)coordination
  5)スペシャルテストの活用
   (1)上肢
   (2)体幹
   (3)下肢
 2 医用画像─理学療法プログラム立案への活用─
  1)X線
  2)CT
  3)MRI
  4)エコー
  5)エラストグラフィ
 3 生化学的検査
  1)生化学的検査とその解釈
 4 筋電図
  1)基礎
  2)応用
 5 動作分析評価 
  1)肉眼による観察ポイントと分析スキル
  2)フィールド,医療現場などで活用できる手法
  3)機器を用いた最先端の手法
 6 フィールドテスト
  1)サッカー
  2)ラグビー
 7 体調管理のためのモニタリング
  1)コンディショニングチェック
  2)ITを活用したコンディショニング
IV 病態経過に伴う検査評価
 1 急性期評価
  1)頭部・頚部外傷
  2)靱帯損傷
  3)打撲,肉ばなれ
 2 慢性期評価
索 引