TOPページへ

新展開の心不全診療!最新の病態を理解して,診断・治療をマスターしよう!

BEAM(Bunkodo Essential & Advanced Mook)  

心不全をマスターする

病態を理解して治療できる医師になろう

カバー写真
  • 編集:服部隆一(市立島田市民病院)
  •     BEAM(Bunkodo Essential & Advanced Mook)編集委員会
  • B5判・308頁・2色刷
  • ISBN 978-4-8306-8150-9
  • 2013年3月発行
定価 5,616 円 (本体 5,200円 + 税)
あり
在庫

内容

序文

主要目次

若手医師が求める日常診療のエッセンスをよりすぐり、かつ一歩進んだ知識を提供するムックシリーズ第10弾.近年の,拡張性心不全の概念をはじめとする心不全診療のパラダイムシフトをふまえ,2013年時点での最新の診断・治療を解説した一冊.相互に関連する事項には参照リンクを提示し,使いやすさと整合性を追求した.付録に「心不全の臨床研究一覧」を収載.心不全診療の「今」がオーバービューできる、若手医師の入門編として最適のガイド.
☆図版108点,表組57点,カラー写真10点,モノクロ写真16点

▽BEAM(Bunkodo Essential & Advanced Mook)編集委員会
 宮地良樹(京都大学皮膚科教授)
 上田裕一(名古屋大学心臓血管外科教授)
 郡 義明(天理よろづ相談所病院総合診療部長)
 服部隆一(市立島田市民病院院長)

序文

 心不全は人口の高齢化や生活習慣病の増加に伴い,増加傾向にある.従来,心不全は全身の臓器・組織が必要とする血液を心臓(左室)が十分には送り出せない状態,すなわち収縮不良によると考えられてきた.
 ところが,ポンプとしての左室収縮機能は保たれているが,左室の拡張機能が障害されて心不全に陥る拡張性心不全があることが明らかとなった.入院した心不全患者の左室収縮機能を示す左室の駆出率(EF)は,低値〜正常範囲まで,広く分布している.肝不全,腎不全など,心臓以外の臓器不全の場合と異なり,心不全としての症状は類似していても,病態が異なる心不全があることを認識する必要がある.心不全の診断・治療に際して,このことを是非とも理解してほしい.本書が,その一助となることを期待している.
 編集者として,各執筆者の原稿すべてに眼を通し,整合性が保たれるよう留意した.関連する事項に関しては,参照頁を記すようにしたので,活用してほしい.

2013(平成25)年3月吉日
市立島田市民病院病院事業管理者
服部隆一

Ⅰ.心不全を理解する
 1. 心不全って何?
 2. 心不全の実態(疫学)を知る
 3. 収縮不全の進展機序を知る
 4. 心不全では代償機構が働く
 5. 拡張不全の機序を知る
II.心不全を診断する
III.心不全を治療する
 1. 患者の自己管理と多職種による包括的管理が重要
 2. 経口薬により治療する
 3. 心不全における不整脈を管理する
  ミニレクチャー 収縮性心不全の新しい治療薬
 4. 心不全におけるバイオマーカーと治療への応用
 5. 心不全の背景疾患を管理、治療する
  A)心不全に合併する高血圧症
  B)冠動脈疾患〜冠動脈疾患合併例の治療〜
  C)糖尿病
  D)腎疾患
  E)慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  F)睡眠呼吸障害
  G)甲状腺疾患
  H)貧血
  I)脚気(beriberi)
 6. 心不全を合併する患者が手術を受けるときの管理
 7. その他の非侵襲的治療
  A)運動療法・心臓リハビリテーション
  B)和温療法
  C)酸素療法
 8. 心不全に対する外科治療を知る
 9. 特殊な治療
  A)心臓再同期療法(CRT)と植込み型除細動器(ICD)
  B)補助人工心臓(VAD)
  C)心臓移植
IV.急性心不全に対応する
 1. 病態・診断
 2. 内科的治療・デバイスを用いた治療
 3. 外科的治療
Ⅴ.心不全末期の対応
付録:心不全に対する臨床トライアル
付録:Furter Readings
索引

● Memo
 左室駆出率(left ventricular ejection fraction:EF)
 糖尿病は心不全の独立したリスクファクター
 心不全のステージ分類
 推算糸球体濾過量の算出
 body mass index(BMI)
 タイチンとは?
 夜間発作性呼吸困難
 心不全の初発症状
 カルベジロールはリアノジン受容体(RyR)の開口時間を短縮する
 各試験におけるエビデンス
 ジギタリスのがん免疫作用
 心房細動の分類
 CHADS2スコア
 ESA(erythropoiesis stimulating agent)とは?
 抗甲状腺剤とヨード剤
 なぜ脚気をberiberiとよぶか?
 revised cardiac risk index(RCRI)
 METs(metabolic equivalents)
 VE/VCO2 slopeとは?
 運動に消極的な患者へのメンタル面でのサポートは?
 保険上の慢性心不全患者の在宅酸素療法適用基準
 J-MACS(Japan Mechanically Assisted Circulatory Support)
 Nohria の心不全分類

● column
 経皮経静脈的僧帽弁交連裂開術(percutaneous transvenous mitral
  commissurotomy:PTMC)とは?
 僧帽弁クリップ(Mitra Clipとは?)
 経カテーテル的大動脈弁置換術(transcatheter aortic-valve implantation:TAVI)
 DuraHeart
 EVAHEART