TOPページへ

病棟医必携!精神科医に頼れない状況でのせん妄の対処法・予防法の実際が学べる最適の1冊!

病棟で役立つ

せん妄の予防と対応

カバー写真
  • 著:川上忠孝(新小山市民病院神経内科部長・副院長)
  • A5判・140頁
  • ISBN 978-4-8306-3627-1
  • 2019年2月発行
定価 2,700 円 (本体 2,500円 + 税)
なし
在庫

内容

せん妄は総合病院の入院患者の2~3割に認められ,高齢者では4割に発症するといわれている.せん妄によって,基礎疾患の治療に支障を生じることが問題となっている.せん妄症例は内科医のほうが精神科医よりも多く経験しているとも言われており,精神科医のいない病院では病棟医がせん妄のプロフェッショナルになるしかない.本書では読者対象を精神科医のいない病院の病棟医,内科医として,せん妄の定義・対処法・予防法について,ケーススタディを交えて具体的に解説.著者の施設で実践している,認知症・せん妄サポートチーム(DST)の取り組みについても触れ,読み物としても楽しめる実践的な内容となっている.