TOPページへ
Medical Practice  2019年8月号(36巻8号)

貧血

鉄欠乏の一歩先へ

  • B5判・160頁・2色刷(一部4色刷)
  • 雑誌コード 12077-8
  • 2019年8月1日発行
定価 2,860 円 (本体 2,600円 + 税)
あり
在庫

主要目次

【特集】
●扉/荒井俊也
[座談会]
●貧血診療のpitfall
 出席者/小室一成・荒井俊也・片桐誠一朗・押川 学
[総説:実地医家が知っておくべき貧血の臨床の基本]
●貧血の検査の進め方/増田亜希子
●貧血における骨髄検査の適応と特徴的所見/辻岡貴之ほか
[セミナー:貧血の日常診療に必要な具体的知識とその活用]
●貧血性疾患に見られる末梢血赤血球形態異常/常名政弘
●小児の貧血/濱 麻人
●H.pylori感染に伴う貧血/佐渡智光ほか
●AYA世代の貧血/今滝 修
●妊婦の貧血/内田季之
●小腸出血性疾患/青木智則ほか
●貧血をきたす婦人科疾患/柴田綾子
●高齢者の貧血/本村小百合
●心腎連関と貧血/林 晃正
●がん患者の貧血/伊藤亮治ほか
●慢性炎症に伴う貧血/生田克哉
[トピックス]
●再生不良性貧血に対するエルトロンボパグ/小原 直
●骨髄異形成症候群の新しい治療薬/波多智子
[治療/知っておくべき貧血の治療の進歩]
●鉄欠乏性貧血の治療/那須 涼
●巨赤芽球性貧血(ビタミンB12欠乏・葉酸欠乏)の治療/大西 康
●腎性貧血の治療/川上貴久
●亜鉛欠乏性貧血・銅欠乏性貧血の治療/児玉浩子ほか
●赤血球輸血の適応と実際/藤田 浩
[この症例から何を学ぶか]
●骨髄クロット標本が診断に不可欠であった多発性骨髄腫/荒井俊也
[Self-assessment test]
【連載】
〈One Point Advice〉
●DIP関節症/瀬戸口京吾
●薬剤耐性(AMR)の改善に向けた取り組み:抗菌薬使用の制限/高橋 孝ほか
●改正道路交通法と認知症診療/佐藤正之
●急性大動脈解離を見逃さないために/小寺 聡
●まだ日本には診断されていないHIVが残されている/中村 造
●慢性咳には吸入ステロイド?/比嘉 太
●冷え性の高齢女性/川口鎮司
●リウマチ患者さんの満足する治療とは/中山田真吾
〈今月の話題〉
●WATCHMANTMデバイスによる左心耳閉鎖療法/小島敏弥
〈知っておきたいこと ア・ラ・カルト〉
●TAFRO症候群/正木康史
〈この検査値から何を疑うか?〉第17回
●長期間の赤血球輸血に伴う肝機能障害/生田克哉ほか