TOPページへ
Medical Practice  2019年6月号(36巻6号)

心不全

心不全パンデミックに備える

  • B5判・176頁・2色刷(一部4色刷)
  • 雑誌コード 12077-6
  • 2019年6月1日発行
定価 2,808 円 (本体 2,600円 + 税)
あり
在庫

主要目次

【特集】
●扉/瀧本英樹
[座談会]
●心不全の基礎疾患管理の重要性─糖尿病,高血圧を中心に─
 出席者/山内敏正・瀧本英樹・野出孝一・岸 智
[総説:実地医家が知っておくべき今日的な基礎知識]
●心不全パンデミックと“STOP CVD” by 日本循環器学会/斎藤能彦
●急性・慢性心不全診療ガイドライン2017年改訂版のポイント/筒井裕之
●心移植と補助人工心臓 日本の現状と短長期管理の実際/波多野将
[セミナー:最新の実地診療のポイントの整理と活用]
●心不全の的確な診療に必要な診察法─循環動態を理解し,Nohria-Stevenson分類とクリニカルシナリオを使いこなす─ /加藤真帆人
●心不全急性期治療に必要な呼吸管理の基礎知識/横山広行
●急性心不全治療の新しい補助循環─循環補助用心内留置型ポンプカテーテルの役割─/佐藤直樹
●われわれは拡張性心不全(HFpEF)をどこまで理解しているか/大谷朋仁ほか
●右心不全の重要性,その診断と治療/牧 尚孝
●心エコーで心不全を診る─左室拡張能と右心機能の評価─/大門雅夫
●心不全と心房細動─薬物治療,除細動,カテーテル治療の選択とタイミング─/池田隆徳
●高齢者の心不全再発を防ぐためのポイント/北川知郎ほか
●拡張型心筋症─診断と遺伝子検査,結果の解釈─/永田庸二ほか
●糖尿病と心不全─基礎と臨床─/都島健介
[トピックス]
●心アミロイドーシス治療の新たな展望/伊藤隆英ほか
●心不全のプレシジョンメディシン/諏訪惠信ほか
[治療:心不全の治療の現状と注意点]
●心不全におけるβ遮断薬の使い方をマスターする─静注から経口まで─/中村牧子ほか
●心不全に合併する心室性不整脈の薬物治療,ICDとカテーテル治療の適応/野上昭彦
●腎機能障害を合併する心不全治療における注意点─透析を含む─/吉原史樹
●慢性心不全の非薬物療法─心臓再同期療法と構造的心疾患インターベンション─/岡村昌宏ほか
●心機能低下患者の妊娠を適切に管理する/神谷千津子
●在宅療養での心不全緩和ケア─在宅医療を中心に─/丹野 巡ほか
[この症例から何を学ぶか]
●乳がん治療薬による心毒性に対し,心保護療法下に安全にがん治療を継続できた一例/石田純一ほか
[Self-assessment test]
【連載】
〈One Point Advice〉
●「高齢者の診方」─先輩の技術を盗むことの重要性─/上村直人
●肺音聴診 第一講─肺音を聴きにいこう─/山本 寛
●地域における認知症スクリーニングDITS/佐藤正之
●犬レンサ球菌に対する薬剤耐性の変動/高橋 孝ほか
●原発性線毛機能不全症候群(PCD)/森本耕三
●その検査値は正常か,それとも異常か?/亀田秀人
●情報提供なしの認知症診療/足立 正
●呼吸器診療と膠原病/迎 寛
〈今月の話題〉
●Shared decision makingとInformed consent/中山健夫
〈知っておきたいこと ア・ラ・カルト〉
●外反母趾/須田康文
〈この検査値から何を疑うか?〉第15回
●APTT延長/金子 誠