TOPページへ

日本の眼科診療のスタンダードを示す,日常診療に役立つ実践的なシリーズ!

眼科プラクティス  18

前眼部アトラス

カバー写真
  • 編集:大鹿哲郎(筑波大学教授)
  • B5判・488頁・4色刷
  • ISBN 978-4-8306-5575-3
  • 2007年11月発行
定価 21,600 円 (本体 20,000円 + 税)
あり
在庫

内容

主要目次

眼科診療において前眼部の視診および細隙灯顕微鏡での観察は,最も基本的かつ重要なものである.角膜・結膜所見から虹彩・隅角・前房・水晶体に至る前眼部のすべての疾患の所見を網羅した,カラーアトラスの決定版.
☆図表18点,写真1740点,イラスト38点

【シリーズの構成】
総説:各巻の特集編集者による総括的レビュー.
解説:実地診療に必要な実際的な知識で,眼科専門医にとってスタンダードと考えられるものを第一線で活躍中の方々が執筆.1項目を見開き4頁でおさめ,多数のカラー写真と美しいシェーマによる魅力的な誌面を構成.
その他の多彩な記事: [Advanced Techniques] [Controversy] [Topics] [Basic] [One Point Advice] といった,眼科医が知っておきたい知識や診療に役立つちょっとしたコツなどの記事や情報を掲載.

【総説】    
 前眼部の正常構造
【解説】
I.結膜
 1. 結膜の所見
 2. 感染症
 3. 免疫疾患
 4. その他の結膜炎
 5. 結膜の変性
 6. 腫瘍
 7. 濾過胞
II.強膜
III.角膜
 1. 角膜の所見
 2. 先天異常
 3. 全身疾患
 4. 薬剤・金属沈着
 5. 感染症
 6. 角膜実質炎
 7. 角膜上皮・表面
 8. 角膜実質
 9. 角膜内皮
 10. 形状異常
 11. 免疫疾患
 12. 外傷・異物
 13. コンタクトレンズ角膜障害
 14. 手術後
IV.虹彩・隅角・前房
 1. 虹彩
 2. 隅角
 3. 前房
V.水晶体
 1. 水晶体異常
 2. 白内障術後
 3. 眼内レンズ
索引