会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

雑誌詳細情報

「Medical Practice 2016年2月号」の詳細情報です.

Medical Practice 2016年2月号 (33巻2号)

< 前号       次号 > 
バックナンバー一覧

肺癌
ガイドラインに基づいた治療戦略と実地診療への活用
  • B5判・184頁・2色刷
    2016年2月1日発行
  • 定価 2,700円(本体 2,500円)
    雑誌コード12077-2

主要目次

【特集】
●扉/杉山温人
●総説/実地診療の基本とその臨床への活用
 肺癌診療ガイドライン2014年版─改訂のポイントと活用の仕方─/野崎 要ほか
 新WHO肺癌分類と診断に有用な免疫組織化学・遺伝子診断の活用のしかた/二宮浩範ほか
●座談会
 日本から世界への情報発信
 出席者:須永眞司・杉山温人・西尾誠人・吉澤篤人
●セミナー/これからの実地医家のための診断とストラテジー
<診断>
 肺癌を疑う症状・身体所見と診断の進めかた/吉澤篤人
 画像診断を用いた肺癌検診の有用性と概要/松谷哲行ほか
 FDG PET/CTの上手な利用法/南本亮吾ほか
 気管支鏡の進歩と実際─超音波内視鏡を中心に─/松元祐司ほか
 新しいWHO分類を反映した画像診断:すりガラス状影をどう読むか/楠本昌彦
<転移病変のコントロール>
 癌性胸膜炎─タルクなどの胸膜癒着剤の選択をどうするか─/木暮啓人
 肺癌脳転移に対するガンマナイフ治療/芹澤 徹ほか
 転移性骨腫瘍─治療法の選択と注意点─/仲 剛ほか
<合併症のコントロール>
 制吐剤をいかに使うか/栗本遼太ほか
 間質性肺炎合併肺がんに対する治療戦略/岸 一馬ほか
<新しい治療法>
 分子標的薬の最近の進歩─遺伝子解析に基づいた開発/板橋耕太ほか
 肺癌に対する定位放射線治療・陽子線治療・重粒子線治療の現状/中山優子
●トピックス
 PD-1抗体の発見と臨床応用/北野滋久
 LC-SCRUM-Japanによる希少遺伝子異常陽性肺癌の遺伝子スクリーニングと治療開発/
 後藤功一
 今年のASCOの話題─ASCOでの口演発表を経験して─/宿谷威仁
●治療/肺がん治療の現状とその成績
 非小細胞肺癌の治療─外科治療:低侵襲手術の試み
 区域切除術,胸腔鏡下手術とロボット支援手術の可能性/前田純一ほか
 切除不能非小細胞肺癌の治療戦略I期からIII期─放射線療法の立場から/稲葉浩二ほか
<進行非小細胞肺癌の治療戦略>
 非扁平上皮癌ドライバー遺伝子変異ありの場合/佐多将史ほか
 非扁平上皮癌ドライバー遺伝子変異なし,または不明の場合/猶木克彦
 非扁平上皮癌の治療法/後藤 悌
<小細胞肺癌の治療法>
 限局型・PCI/川村卓久ほか
 進展型・再発/石井真理ほか
 有効な緩和療法/兼村俊範
●この症例から何を学ぶか
 すりガラス影を呈する小結節影の鑑別診断─上皮内腺癌 adenocarcinoma in situ(AIS)の1例/
 鈴木英里子ほか
●Self─assessment test
【連載】
<今月の疾患>
●ピロリ菌感染症/青木洋一郎ほか
<One Point Advice>
●腺腫様甲状腺腫の特性と外科治療/藤田哲二
●タバコと糖尿病/八谷 寛
●高安動脈炎の現状─わが国のレジストリーから─/森田啓行
●新規経口抗凝固薬(1)/兼本成斌
●働く人の隠れたストレスを診断/岡田邦夫
●腎動脈狭窄血管拡張術後の降圧療法/谷口郁夫
●産業医活動において,生活習慣病の管理不良者にどこまで介入するか?/森 晃爾
●心房細動アブレーションにおけるクライオバルーンカテーテルの有用性/熊谷浩一郎
<今月の話題>
●バイオシミラー/泉 和生
<知っておきたいことア・ラ・カルト>
●たこつぼ心筋症/牧 尚孝

>>正誤表はこちら

次号予告



↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.