会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

雑誌詳細情報

「心エコー 2017年5月号」の詳細情報です.

心エコー 2017年5月号 (18巻5号)

< 前号   
バックナンバー一覧

最新号
常識を疑え!あえて心エコーの指標を見直そう
  • 特集編集
    丸尾 健・伊藤 浩
  • B5判・108頁・4色刷
    2017年5月1日発行
  • 定価 2,916円(本体 2,700円)
    雑誌コード04271-5

主要目次

【特集】
●左室拡大の指標は今でも左室径でよいのか?/太田光彦
●左室収縮能の指標は今でもejection fractionでよいのか?/芳沢美知子・石津智子
●E/e'は左室充満圧を実臨床ではどの程度評価できるのか?/山田 聡
●右房圧の推定にIVCはどの程度正確なのか?/谷口逹典
●右室収縮能はTAPSEですべて評価可能なのか?/藤田圭二・宮地克維
●心エコーでのASDの重症度基準はQp/Qsでよいのか?/高谷陽一
●MRの定量評価は何をどの程度当てにしてよいのか?/出雲昌樹
●重度虚血性MRの閾値EROA 0.20cm2は日常診療で使える指標なのか?/
 鍋島洋裕・竹内正明
●重度ASの閾値1.0cm2は日本人ではやはり大きすぎるのか?/武本知之・室生 卓
●重度ASにおいてlow flowの閾値はSVi 35ml/m2でよいのか?/磯谷彰宏
●ARの重症度評価にPHT法と大動脈汎拡張期逆行性血流は実臨床でどれくらい
 役に立つのか?/三原裕嗣
●高度MSの閾値は本当に1.5cm2なのか?やはり1.0cm2なのか?/加藤奈穂子・柴山謙太郎
●退行性MSにおける重症度評価はリウマチ性と同様でよいのか?/馬原啓太郎
【連載】
<症例問題>☆症例問題動画>>こちら
●ST上昇型急性心筋梗塞症例における重症僧帽弁閉鎖不全/古川敦子

次号予告

☆2017年6月号(18巻6号)
【特集】ゼロから始める複雑先天性心疾患─小児から大人まで
 編集:杜 徳尚・伊藤 浩
〈小児期〉
●Fallot四徴症/奥村謙一
●純型肺動脈閉鎖/高橋 健
●Ebstein奇形/瀧聞浄宏
●総動脈幹症/横山岳彦
●三尖弁閉鎖/面家健太郎
●左心低形成症候群/小野頼母・新居正基
●完全大血管転位/豊野学朋
●修正大血管転位/早渕康信
●最近の胎児心エコー/漢 伸彦
〈成人期〉
●先天性心疾患の術式概要/小谷恭弘
●Fallot四徴症術後/市川奈央子・椎名由美
●Fontan術後/坂本一郎
●修復後の大血管転位/松本賢亮
●成人期の修正大血管転位/杜 徳尚


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.