会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

雑誌詳細情報

「心エコー 2015年12月号」の詳細情報です.

心エコー 2015年12月号 (16巻12号)

< 前号       次号 > 
バックナンバー一覧

弁膜症評価のギモン AtoZ
  • 特集編集
    大門雅夫
  • B5判・108頁・4色刷
    2015年12月1日発行
  • 定価 2,916円(本体 2,700円)
    雑誌コード04271-12

主要目次

【特集】
●僧帽弁逆流の重症度評価─カラードプラ法の定性評価の基本と問題点とは?/木村 豊
●僧帽弁逆流の定量評価─正確に行う工夫とは?/岡庭裕貴・戸出浩之
●僧帽弁逆流の定量評価─定量評価が使えない症例とは?/宮﨑彩記子
●一次性と二次性の僧帽弁逆流をどう見分けるか?/東 晴彦・井上勝次
●僧帽弁狭窄における弁口面積の評価─3つの方法の問題点と使い分けは?/坂本考弘・
 田邊一明
●大動脈弁狭窄の重症度評価─圧較差だけで判断できない例とは?/中岡洋子・窪川渉一
●右胸壁アプローチで大動脈弁狭窄を診るためのコツは?/川﨑俊博
●大動脈弁狭窄の重症度評価─圧較差と弁口面積の重症度が合わない症例をどう考えるか?/
 水野麗子・大倉宏之
●低圧較差の高度大動脈弁狭窄─自信をもって診断するには?/岩野弘幸・山田 聡
●大動脈弁逆流の重症度評価─重症度指標が一致しない?/岡野智子・大門雅夫
●三尖弁逆流の重症度評価─カラードプラの到達距離だけで重症度評価はできるのか?/
 今井靖子・田中信大
●肺動脈弁逆流の重症度評価─カラードプラの到達距離だけで重症度評価はできるのか?
 /中野裕介・瀧聞浄宏
【連載】
<症例問題> ☆症例問題動画>>こちら
●急性心筋梗塞治療中にショック,肺水腫をきたした1例/中岡洋子・窪川渉一
<COLUMN>
●施設紹介◆倉敷中央病院心血管エコー室/丸尾 健・横田佳代子
【総目次(Vol.16 No.1〜12)】
【執筆者名索引(Vol.16 No.1〜12)】


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.