会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

雑誌詳細情報

「病理と臨床 2016年11月号」の詳細情報です.

病理と臨床 2016年11月号 (34巻11号)

< 前号       次号 > 
バックナンバー一覧

病理解剖の現在
医療における相互検証文化を築くため
  • 特集編集
    深山正久・北川昌伸
  • B5変型判・114頁
    2016年11月1日発行
  • 定価 3,132円(本体 2,900円)
    雑誌コード17693-11

主要目次

【特集】
[現在の問題点]
●病理解剖の現状/深山正久
●病理解剖における倫理問題/伊東恭子ほか
●日本病理剖検輯報とNCD/宇於崎 宏
●診療関連死の現在・医療事故(安全)調査機構/内藤善哉
[病理解剖と教育]
●CPC教育(医学生,研修医)/池村雅子ほか
●CPCレポート,研修医教育/円山英昭ほか
●病理専門医の教育/柳井広之
●ハンガリープロジェクト/真鍋俊明ほか
●法医学との協力/北川昌伸
[社会との接点]
●遺族への説明/倉岡和矢ほか
●看護CPC/田村浩一
●一地域病院での病理解剖/芝田敏勝ほか
●社会への発信/黒田 誠
【連載】
<マクロクイズ>[90]/大橋健一
<CPC解説>[88]
●意識障害,発熱で発症し,病理解剖の結果,NK/T細胞リンパ腫,鼻型の肺浸潤で
 死亡したと判明した90歳代女性/長沼 廣ほか
<悪性腫瘍に対する分子標的治療薬>[8]
●泌尿器科領域の分子標的治療薬とコンパニオン診断/浦崎哲也ほか
<医療事故調査制度の経緯と現状>[8]
●診療関連死の現在─愛知県の場合/池田 洋
<今月の話題>
●病理専門医・病理専攻医の現状と業務量比較など/佐々木 毅
●翻訳/竹内賢吾
●たかが髄膜腫,されど髄膜腫/田中伸哉
<原著>
●突然死症例における病理解剖の有用性について─自施設40例での検討─/阿部浩幸ほか
<ひろば>
●なぜ,自宅で亡くなったAさんの剖検を─ある地域病院での病理解剖─/髙屋敷典生【Information】

>>投稿規定はこちら


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.