会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

雑誌詳細情報

「病理と臨床 2016年6月号」の詳細情報です.

病理と臨床 2016年6月号 (34巻6号)

< 前号       次号 > 
バックナンバー一覧

軟部腫瘍:変化する疾患概念
  • 特集編集
    吉田朗彦・元井 亨
  • B5変型判・112頁
    2016年6月1日発行
  • 定価 3,132円(本体 2,900円)
    雑誌コード17693-6

主要目次

【特集】
●Ewing肉腫とEwing様肉腫/中村卓郎
●紡錘(形)細胞型・硬化型横紋筋肉腫/北條 洋
●孤立性線維性腫瘍と血管周皮腫/山田裕一ほか
●低悪性度線維粘液肉腫と硬化性類上皮線維肉腫/松山篤二ほか
●脱分化型脂肪肉腫─概念とその拡大─/山元英崇ほか
●類血管腫型線維組織球腫の諸相/廣瀬隆則
●軟部筋上皮腫/吉田朗彦
●筋膜炎とその関連疾患─最近の概念の変化─/元井 亨
●新しい疾患単位:偽性筋原性血管内皮腫と軟部血管線維腫/杉田真太朗ほか
【連載】
<マクロクイズ>[86]
 森永正二郎
<CPC解説>[83]
●パラインフルエンザウイルス3型(PIV3)感染を契機として肺胞蛋白症を発症した
 完全型DiGeorge症候群の1剖検例/木脇祐子ほか
<悪性腫瘍に対する分子標的治療薬>[3]
●乳がん領域の分子標的治療薬/田村研治
<病理における医療倫理の諸問題>[3]
●生命倫理から発表倫理へ/山崎茂明
<医療事故調査制度の経緯と現状>[3]
●日本病理学会としての対応/内藤善哉
<今月の話題>
●腫瘍細胞における様々な脂質代謝異常─今後の病理学的新規開拓分野─/井村穣二
●新しい?免疫組織化学/羽賀博典
【Information】

>>投稿規定はこちら

次号予告

☆2016年7月号(34巻7号)
【特集】疾患研究の基盤となる国際コンソーシアムの動向
    編集:金井弥栄・柴田龍弘
【がんにおける個別化医療に向けた国際連携】
●国際がんゲノムコンソーシアムの現状と今後の方向/柴田龍弘
●横断的がんゲノムプロジェクト(Pan─cancer project)/中川英刀
●試験ネットワーク・WIN Consortium/NCI─MATCH/SCRUM Japan/坂東英明
【エピゲノムの多様性把握を目指す国際連携】
●Roadmap/Blueprint/国際ヒトエピゲノムコンソーシアム(IHEC)/金井弥栄
●IHECで把握されたエピゲノムの多様性と発がん初期過程におけるエピゲノム変化/
 新井恵吏
●IHECで把握された胎盤・子宮内膜のエピゲノムと周産期疾患におけるエピゲノム異常/
 冨川順子
【次世代オミックス疾患解析の基盤となる国際連携】
●Human Proteome Organization(HUPO)/小寺義男
●ヒトメタゲノムプロジェクトに関するコンソーシアム/山田拓司
【データ共有とビッグデータ解析に向けた国際連携】
●肺発がんリスクの規定要因を同定するための国際コンソーシアム研究/白石航也
●国際希少疾患研究コンソーシアム:International Rare Disease Research Consortium(IRDiRC)/葛原 樹
●Global Alliance for Genomic and Health(GA4GH)/三橋信孝


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.