会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

雑誌詳細情報

「病理と臨床 2015年1月号」の詳細情報です.

病理と臨床 2015年1月号 (33巻1号)

< 前号       次号 > 
バックナンバー一覧

放射線障害の病理
  • 特集編集
    福本 学
  • B5変型判・108頁
    2015年1月1日発行
  • 定価 3,024円(本体 2,800円)
    雑誌コード17693-1

主要目次

【特集】
<放射線障害総論>
●放射線障害の病理学:その問題点/福本 学
<人体における放射線誘発がん>
●原爆被爆者の放射線腫瘍病理/中島正洋
●原爆被爆者の白血病/朝長万左男
●原爆被爆者の乳癌/米原修治ほか
●放射線治療に伴う二次がん/藤井誠志ほか
<放射線による細胞死>
●白内障/佐々木 洋
●東海村臨界事故での中性子線大量被曝/宇於崎宏ほか
<放射線影響研究のデータ>
●疫学と病理学的機序/小笹晃太郎
●放射線研究のためのアーカイブ構築に関する世界の動き/三枝 新
<カレントトピックス>
●消化管発がんの起源としての組織幹細胞/大塚健介
【連載】
●マクロクイズ[70]/二村 聡
●CPC解説[66]
 肝原発悪性リンパ腫(primary hepatic lymphoma)と喉頭癌の肝転移を合併した
 一剖検例/波多野まみほか
●病理と基礎生命科学との接点[10]
 リンパ管新生/吉松康裕ほか
●病理をとりまく社会問題[4]
 病理医の育成システム/北川昌伸
【今月の話題】
●病理学と研究マインド,そしてh-index/豊國伸哉
●膜性腎症の診断における抗PLA2R抗体の有用性/串田吉生ほか
【Information】

>>投稿規定はこちら


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.