会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「臨床感染症ブックレット 2巻  エンピリック治療の抗菌薬,確定治療の抗菌薬を選択する」の詳細情報です.

エンピリック治療は「経験」ではなく,「考え方」によって決まる!
これで一人前! 感染症治療の真髄を徹底解剖します!!

臨床感染症ブックレット 2巻
エンピリック治療の抗菌薬,確定治療の抗菌薬を選択する
  • ゲスト編集
    細川直登(亀田総合病院総合診療・感染症科部長)
  • 編集委員
    前﨑繁文(埼玉医科大学感染症科・感染制御科教授)
大曲貴夫(国立国際医療研究センター病院国際感染症センターセンター長)
  • B5判・146頁・2色刷
    2010年10月8日発行
  • 定価 4,104円(本体 3,800円)
    ISBN978-4-8306-2051-5

この本の内容

「臨床感染症ブックレット」は感染症診療の考え方と実践の基本スキルを,エビデンスと臨床センスで捉えなおす新シリーズ.
2巻では,臨床医に求められる最も重要なスキルの1つとなる「抗菌薬の選択」について,基本的な考え方をしっかり解説.そもそも「エンピリック治療」とは何か?に始まり,これに必要な条件・考え方,そしてde-escalationのポイントを徹底解剖.

【内容の構成】
 〈セミナー欄〉
  ・感染症診療の最重要テーマを臨床の流れに沿って徹底解説.
  ・各ページに内容を俯瞰したキーセンテンス欄を設け,読者の理解をしっかりサポート.
  ・さらに実践に役立つアドバイス・突っ込んだ解説を加えた.
 〈ミニレクチャー欄〉
  ・日常臨床の重要なテーマをcoffee breakとしてコンパクトに解説.
 〈コンサルテーション欄〉
  ・Typicalなコンサルテーションの実例をもとに,その背景にひそむ問題点を整理し,
   わかりやすい図表を交えて診療の基本原則をがっちり解説.
  ・感染症診療にありがちな誤謬を解く重要テーマを厳選.
【シリーズ編集委員】
 前﨑繁文(埼玉医科大学感染症科・感染制御科教授)
 大曲貴夫(国立国際医療研究センター病院国際感染症センターセンター長)

▽〈臨床感染症ブックレット〉シリーズラインナップ
 1巻 病歴と身体所見から感染症を見極める(2010年10月刊)
  ゲスト編集:柳 秀高(東海大学総合内科講師)
 2巻 エンピリック治療の抗菌薬,確定治療の抗菌薬を選択する(2010年10月刊)
  ゲスト編集:細川直登(亀田総合病院総合診療・感染症科部長)
 3巻 検査や画像から感染症の原因微生物に迫る(2011年3月刊)
  ゲスト編集:栁原克紀(長崎大学講師)
 4巻 抗菌薬の止めどきと変えどきを考える(2011年4月刊)
  ゲスト編集:松永直久(帝京大学講師)
 5巻 内科医にとって必ず知っておくべき感染症を診る(2012年2月刊)
  ゲスト編集:山口敏行(埼玉医科大学感染症科・感染制御科講師)
 6巻 内科医がときに遭遇する特殊な感染症を診る(2012年3月刊)
  ゲスト編集:中嶋一彦(兵庫医科大学感染制御部講師)
 7巻 入院患者における重症・難治性感染症を診る(2012年7月刊)
  ゲスト編集:笠原 敬(奈良県立医科大学感染症センター)
 8巻 感染症の予防や制御に必要なことを実践する(2013年9月刊)
  ゲスト編集:上原由紀(順天堂大学大学院医学研究科感染制御科学/総合診療科准教授)

主要目次

>>☆執筆者一覧・オーバービュー・目次詳細はこちら

〈オーバービュー〉
  1.エンピリック治療の抗菌薬,確定治療の抗菌薬を選択する
  2.企画にあたって
〈セミナー〉
 I.エンピリック治療を捉える
  1.エンピリック治療とは?─エンピリック治療に対する誤解を解く─
   そもそも「エンピリック」って何なのか? 知っているようで知らなかった言葉の意味か
   ら,実践上の本質に迫ります.
  2.エンピリック治療の原則─抗菌薬選択にあたって─
   エンピリック治療の前提条件は,正しい感染症の診断.エンピリック治療を見据えた感染
   症診断の原則をまとめます.
  3.エンピリック治療に必要な微生物学的知識
   感染臓器と微生物の関係を知ることは必須.これなくしてエンピリック治療は成り立たち
   ません.
  4.エンピリック治療に必要な抗菌薬の知識
   エンピリック治療には当然,薬とそのスペクトラム知識も欠かせません.代表的な抗菌薬
   の特性を詳しくまとめます.
  5.エンピリック治療に必要な検査
   より精度の高いエンピリック治療のためには何を検査するのか? その後の治療も見据え
   て何を診ておかなければならないのか?
  6.いつエンピリック治療に踏み切るか
   目の前の感染症は抗菌薬治療を「待てる」のか「待てない」のか? エンピリック治療ス
   タートの判断にはかなりの実力が必要です.
  7.エンピリック治療で選ぶ経口抗菌薬 
   外来セッティングで用いる経口抗菌薬.どうすれば適切に選択できるのか? 珠玉のポイ
   ントを整理します.
  8.ICUにおけるエンピリック治療
   一刻を争うクリティカルな状況でも,やはり重要なのは臓器のfocusと微生物を推定する
   作業.それに耐性菌の知識もフル稼働して臨む!
  9.海外渡航歴のある人のエンピリック治療
   海外渡航者では,特別な鑑別が加わります.また想定すべき疾患(微生物)に応じて緊急度
   も変わります.
  10.ステロイド使用者の抗菌薬使用
   ステロイドを使用している場合には,通常問題にならないような病原微生物を想定する
   必要があります.ステロイドの使用量,期間に応じてどんな感染症を考え,どのように
   対処するか?
  11.腎不全患者(透析患者)の抗菌薬の選択
    ─減らすもの減らさないもの使用できないもの─
   多くの抗菌薬は腎排泄性です.実際には腎機能を考慮しながらどのように用いるのか,
   現場でよく出合う症例に基づいて考えます.
  12.真菌感染症のエンピリック治療
   真菌感染症,あなたはこんな誤解をしていませんでしたか? 正しい認識から始まるエン
   ピリック治療を!
 II.確定治療を進める
  1.確定治療の基本的考え方
   感染症治療はエンピリック治療と確定治療の二段構え.何を根拠に確定治療に変更するの
   か?
  2.de-escalationとは?
   de-escalationの目的は何か? どうすれば良いのか? あなたが自信を持って
   de-escalationできるようになるために.
  3.確定治療に必要な微生物学的知識
   de-escalationを支えるのも微生物の知識.そして薬剤感受性試験はその確認材料.そこ
   で気をつけるべき菌をピックアップしてまとめます.
〈ミニレクチャー〉 
  1.TNF阻害薬使用患者の抗菌薬使用はどうすればよいのか?
  2.多剤耐性緑膿菌に対して抗菌薬をどう使う?
  3.ESBLs,AmpC産生菌ってなに?
  4.KPCカルバペネマーゼとは?
  5.CLSIの感受性ブレイクポイントはどう変わったのか?
  6.抗マラリア薬を選ぶポイントは?
  7.CA-MRSAに対して,どうエンピリック治療を進めるか?
  8.最初に選択した抗菌薬が効いていないように思われたら?
〈コンサルテーション〉 
  1.療養型施設からの肺炎患者でGram陽性双球菌が見えたが,医療関連肺炎としてピペラ
   シリン/タゾバクタムを使わなくてもよいのか?
  2.いつエンピリック治療に踏み切るか?
  3.喀痰からカンジダが検出された患者の治療は?
  4.de-escalationとは?
  5.静注抗菌薬から経口抗菌薬への変更はどのように行うか?─抗菌薬スイッチについて─
索引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.