会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「セラピストのための概説リハビリテーション」の詳細情報です.

セラピストの,セラピストによる,セラピストのためのリハビリテーション概説書!

セラピストのための概説リハビリテーション
  • 編集主幹
    嶋田智明(神戸大学教授)
  • 編集委員
    天満和人(長崎リハビリテーション学院学院長)
奥村チカ子(熊本保健科学大学教授)
  • B5判・272頁・2色刷
    2009年11月13日発行
  • 定価 4,320円(本体 4,000円)
    ISBN978-4-8306-4357-6

この本の内容

本書は,リハビリテーションに将来関わる理学療法士,作業療法士,言語聴覚士などセラピストの「卵」である学生を対象とし,リハビリテーションを概観する「教科書」として企画.リハビリテーションを理解する上で必要な知識・情報について,図表を多く活用しながら,平易な文章で説明し,学生諸君の理解を極力高めるように工夫した.執筆者はほとんどが第一線で活躍するセラピストが担当.
本書は3部構成で,第1部は「リハビリテーションの理念と目的」,第2部は「リハビリテーション専門職の役割と独自性」,第3部は「リハビリテーションの実際」となっている.
リハビリテーションを単に「機能回復訓練」や「社会復帰」としてとらえるのでなく,障害をもつ人々がその持てる能力を十分に発揮できるような医療や福祉的対応,生活環境の整備,人間としての生活の質(QOL)の向上をはかることを大きな理念とした総合的方略と考えるべきであるという企画趣旨のもとに編集されている.
☆図版79点,表組55点,写真30点

主要目次

第1部 リハビリテーションの理念と目的
 Section 1.リハビリテーションとは  
 Section 2.疾病と障害構造  
 Section 3.障害を持った人をどう理解し,接するべきか?  
 Section 4.チームアプローチの意義と問題・展望
第2部 リハビリテーション専門職の役割と独自性
 Section 5.理学療法士
 Section 6.作業療法士
 Section 7.言語聴覚士
 Section 8.医師
 Section 9.看護師
 Section 10.義肢装具士
 Section 11.医療ソーシャルワーカー
 Section 12.臨床心理士
 Section 13.介護福祉士
 Section 14.精神保健福祉士
第3部 リハビリテーションの実際
 Section 15.リハビリテーション医療における評価─意義・重要性:診断と評価はどう違う
       か?
 Section 16.リハビリテーション医療における評価─評価尺度・条件,治療プログラム立案
 Section 17.リハビリテーション医療の展開─機能・障害構造に対するアプローチ
 Section 18.リハビリテーション医療の展開─活動制限に対するアプローチ:評価
 Section 19.リハビリテーション医療の展開─活動制限に対するアプローチ:原則
 Section 20.リハビリテーション医療の展開─参加制約に対するアプローチ:原則
 Section 21.リハビリテーション医療の展開─病院・施設でのリハビリテーション
 Section 22.リハビリテーション医療の展開─地域リハビリテーション
 Section 23.障害を持った人の心理と専門職としての対応
 Section 24.リハビリテーションの対象疾患─身体障害
 Section 25.リハビリテーションの対象疾患─精神障害
 Section 26.社会資源の活用  
 Section 27.リハビリテーションの新しい可能性へのチャレンジ  
 Section 28.関連法規・統計
索引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.