会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「パリス・アプローチ 腰,骨盤編」の詳細情報です.

パリス・アプローチの全体像を全3編で世に問う,リーズニングに基づく徒手療法!

パリス・アプローチ 腰,骨盤編
評価と適応

  • 佐藤友紀(セントオーガスティン大学,豊橋創造大学)
  • B5判・234頁・2色刷
    2009年10月16日発行
  • 定価 5,400円(本体 5,000円)
    ISBN978-4-8306-4356-9

この本の内容

パリス・アプローチは,Stanley Paris博士により設立された徒手療法で,解剖学,運動学を重視し,そこから可能であれば病態を推測し,手技自体より解剖学・運動学を基礎とした評価,病態推測を重視する.結果,徒手療法を特殊な手技として強引に患者にあてはめることなく,必要な治療手技を選択できる.障害の改善だけでなく管理することもおこなう.
パリスは弟子である著者・佐藤に次のように説いている.「解剖・運動学を基礎として患者の機能不全(異常)を治療することを強調しているのが私の考えです.」「病気・機能不全(異常)の原因を治療することが,病気・疼痛を治療するより重要なことです.それが私の考えです.徒手療法は単独で使用するよりも,運動・患者教育と組み合わせることで効果が出るものです.その結果,患者の生活の質を再獲得・維持・向上させることができると考えています.」(Stanley Paris博士より本書刊行に際しての著者,佐藤友紀へのメッセージより.本書に収載)
本書は,全3編からなる『パリス・アプローチ』の第1弾となる「腰,骨盤編」.パリスの徒手療法を,著者であるパリスの愛弟子が解説した本邦初のテキスト.手技を中心にするパリスの徒手療法は本邦にも紹介されているが,本書では,パリス・アプローチは運動学,解剖学を基礎とした評価があり,それに基づく手技の適応があることを説いた実践書.理学療法士必読の1冊.
☆図版152点,表組83点,写真85点

主要目次

第I章 パリス・アプローチではこう診療を進める
 1.はじめに
  1.はじめに
  2.機能不全の分類
 2.評価
  1.疼痛評価
  2.初期観察
  3.問診(病歴聴取)
  4.構造評価
  5.自動運動
  6.触診
 3.脊柱マニピュレ-ション
  1.マニピュレ-ションの定義
  2.マニピュレ-ションの分類
  3.適応時期
  4.マニピュレ-ションの効果
  5.手技の紹介
第II章 症候群と管理
 1.症候群と管理
  1.はじめに
  2.腰痛についての一般的理解
 2.症候群の実際
  1.椎間関節機能不全
  2.靱帯弱化
  3.不安定性
  4.椎間板機能不全
第III章 仙腸関節・疼痛と徒手療法 
 1.仙腸関節の評価・治療について─基礎─
  1.はじめに
  2.解剖
  3.仙腸関節の運動学
  4.仙腸関節機能不全の性差
  5.基本的検査
  6.基本的マニピュレ-ション
  7.症候群
 2.疼痛と徒手療法(マニュアルセラピー)
  1.はじめに
  2.疼痛は変化しやすい
  3.客観的評価・所見を軽視することで起こり得る“苦痛suffering”
  4.疼痛の程度以上の行動障害
  5.理学療法士がおこなうべきこと
第IV章 徒手療法(マニュアルセラピー)の歴史
 1.徒手療法(マニュアルセラピー)の歴史
  1.摘要
  2.歴史
  3.現代
  4.まとめ
索引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.