会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「浮腫疾患に対する圧迫療法」の詳細情報です.

浮腫疾患にかかわる医療従事者の座右の書!

浮腫疾患に対する圧迫療法
複合的理学療法による治療とケア
  • 監修
    加藤逸夫(徳島大学名誉教授)

  • 小川佳宏(リムズ徳島クリニック院長)
佐藤佳代子(後藤学園附属リンパ浮腫研究所所長)
  • B5判・196頁・2色刷(1部4色刷)
    2008年12月17日発行
  • 定価 6,480円(本体 6,000円)
    ISBN978-4-8306-4347-7

この本の内容

ひとりひとりが異なる症状や状態の患者に,安全な圧迫療法を実施するためにはどうしたらよいか.それには長期的な治療計画に加え,日々の状態に応じた対応が必要である.
本書は,一般患者さん向けに好評を博した『リンパ浮腫治療のセルフケア』(2006年刊行)の著者が,浮腫疾患全体を対象に,それらの治療にかかわる各領域の専門家に向けて,現段階ではもっとも有効な「複合的圧迫療法」に焦点を絞って詳説した書.臨床経験の豊かな著者らが取組みを重ねてきた多くの経験と実績から,患者のひとりひとりが異なる皮膚変化に対して,個別のアプローチができるように,写真やイラストを多用して解説を試みている.
全体の内容は大きくは「理論編」と「実践編」に分けられ,浮腫の総論では「リンパ浮腫」も浮腫の一つとして説かれている.「実践編」ではバンデージ療法や弾性着衣等を詳説し,日常生活における運動療法にも言及,適切な記載がされている.浮腫疾患の医療従事をされている方々が,臨床の現場ですぐに役立つ1冊.
☆図版・イラスト219点.表組21点,写真333点

主要目次

[理論編]
第1章 概論
 A 正常な皮膚について
  1 皮膚の構造と機能
  2 正常皮膚の超音波検査像
 B 全身循環
  1 静脈系
  2 リンパ管系
第2章 浮腫について
 A 浮腫の定義
 B 浮腫の所見
 C 浮腫発症の生理学的機序
 D 全身性浮腫
  1 心性浮腫
  2 肝性浮腫
  3 腎性浮腫
  4 妊娠に伴う浮腫
  5 内分泌性浮腫
  6 薬剤性浮腫
  7 特発性浮腫
 E 局所性浮腫
  1 静脈性浮腫
  2 局所性因子による妊娠中の浮腫
  3 リンパ浮腫
  4 phlebolymphedema
  5 Klippel-Trenaunay症候群(血管拡張性肥大症)
  6 乳び逆流症
  7 Stewart-Treves症候群
  8 廃用性浮腫
  9 義肢
  10 脂肪浮腫
  11 緩和ケアの一環としてのリンパ浮腫ケア
 複合的理学療法(CPT)
  1 治療開始の際に
  2 基本となる治療内容
  3 セルフケアの充実
  4 時期的な分類
  5 CPTの治療効果
  6 適応と禁忌について
  7 CPTの弊害
 波動形空気圧式マッサージ器について
  1 原理
  2 適応禁忌
  3 使用前の準備
  4 実際の使用
第3章 圧迫療法の概要
 A 概要
  1 浮腫治療においての圧迫療法の位置づけ
  2 圧迫療法の効果
 B 圧迫療法の手段
  1 弾性包帯によるバンデージ療法
  2 弾性着衣
  3 品質
第4章 圧迫療法の基礎
 A バンデージ療法について
  1 状態に合わせて安心して行うために
  2 季節や気候に応じて配慮すること
  3 事前のスキンケア
  4 弾性包帯の手入れと保管のしかた
 B 弾性着衣について
  1 個別対応の必要性
  2 季節や気候に応じて配慮すること
  3 手入れと保管のしかた
[実践編]
第5章 バンデージ療法について
 A 概要
  1 事前のスキンケア
  2 技法
 B バンデージ療法の実際
  1 基礎
 C 応用技法
  1 巻き方のポイント
  2 圧迫用スポンジの使用と作製法
第6章 弾性着衣について
 A 概要
  1 着用前のスキンケア
  2 着脱をサポートする用具
 B 弾性着衣の着脱の実際
  1 着脱の手順
 C 応用
  1 重ね履きについて
  2 弾性着衣をくいこませない工夫
 D 弾性着衣の計測(採寸)
  1 採寸に際して
第7章 疾患に対してのアプローチ
 A 全身性浮腫に対して
  1 心性浮腫のケア
  2 肝性浮腫のケア
  3 腎性浮腫のケア
  4 妊娠による浮腫のケア
 B 局所性浮腫に対して
  1 リンパ浮腫の治療
  2 慢性静脈不全症候群のケア
  3 廃用性浮腫のケア
 C その他の疾患に対して
  1 乳び逆流症
  2 リンパ脈管筋腫症(lymphangioleiomyomatosis: LAM)
  3 脂肪浮腫
 D がん治療の一環として
  1 薬剤性浮腫
  2 終末期医療の一環として
第8章 運動療法について
 A 概要
  1 筋ポンプ作用の効用
 B 効果的な運動
  1 運動をはじめる前に
  2 具体的な運動療法


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.