会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「感染症内科クリニカルスタンダード」の詳細情報です.

誰もが必要となる臨床感染症学のエッセンスをコンパクトにまとめた実践書!

感染症内科クリニカルスタンダード
必携 ベッドサイドで必ず役立つ臨床感染症学のエッセンス
  • 編集
    前崎繁文(埼玉医科大学教授)
  • A5判・488頁・2色刷
    2008年10月25日発行
  • 定価 6,480円(本体 6,000円)
    ISBN978-4-8306-2017-1

この本の内容

感染症内科の若手スタッフ,研修医に向けて,必ずおさえておきたい臨床感染学のエッセンスをコンパクトにまとめた,一歩踏み込んだ実践マニュアル.本文は箇条書きで手順のみを示し,一目でわかる図表・処方例を多用したデータブック的な要素をあわせ持つ.章ごとに見出しを統一して,内容の整合性と読みやすさに配慮した.箇条書きの本文では言い尽くせない,エビデンスや突っ込んだ説明をすべてメモ書きで解説した,実践本意の内容.執筆陣には,各学会で活躍中の医師はもとより,第一線の検査技師・看護師も参画.ICTにかかわる全スタッフ必携の1冊.巻頭カラー6頁.
☆図版・トレース104点,表組202点,写真80点

主要目次

I.感染症を診断するための症候
  1.発熱
  2.咽頭痛
  3.咳,喀痰,血痰,喀血
  4.呼吸困難,胸痛
  5.動悸,頻脈,徐脈
  6.悪心,嘔吐,腹痛
  7.吐血,下血
  8.下痢
  9.頻尿,排尿困難
  10.頭痛,意識障害
  11.リンパ節腫脹
  12.皮疹
  13.ショック
II.感染症を診断するための検査
 A.検体の採取と輸送・保存
 B.感染症診断に必要な一般臨床検査
  1.尿検査
  2.糞便検査(虫卵検査も含む)
  3.喀痰検査
  4.脳脊髄液検査
  5.穿刺液検査
 C.感染症診断に必要な血液検査
  1.白血球数とその分画
  2.C-reactive protein(CRP)
  3.抗体検査
  4.抗原検査
 D.感染症診断に必要な微生物学検査
  1.病原微生物の鏡検・同定
  2.病原微生物の分離・培養・同定
  3.免疫学的検査による迅速診断
  4.薬剤感受性試験
  5.特殊な病原微生物の検査
  6.DNA検査とPCR検査
III.主な感染症の病原微生物と診断と治療
  1.急性気管支炎
  2.肺炎
  3.肺化膿症
  4.感染性心内膜炎
  5.心筋炎
  6.感染性腸炎
  7.急性肝炎
  8.慢性肝炎
  9.肝膿瘍
  10.胆嚢炎・胆管炎
  11.急性腹膜炎
  12.腎盂腎炎
  13.膀胱炎・尿道炎
  14.脳炎
  15.髄膜炎
  16.脳膿瘍
  17.伝染性単核球症
  18.敗血症
IV.特殊な病原微生物による感染症の診断と治療
  1.インフルエンザ
  2.麻疹・風疹・流行性耳下腺炎
  3.水痘・帯状疱疹
  4.ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症
  5.重症急性呼吸器症候群(SARS)
  6.マイコプラズマ・クラミジア
  7.劇症型A群溶連菌感染症
  8.レジオネラ症
  9.ヘリコバクター・ピロリ感染症
  10.結核・非結核性抗酸菌症
  11.真菌症
  12.ニューモシスチス肺炎
  13.マラリア
  14.プリオン病(伝達性海面状脳症)
V.抗菌薬投与の実際
 A.抗菌薬の基礎的理解
  1.抗菌薬の種類と作用機序
  2.抗菌薬の投与法・投与量
  3.抗菌薬の組織移行性・細胞内移行性
  4.抗菌薬の副作用
  5.抗菌薬の予防的投与
  6.抗菌薬の血中濃度(TDMとPK/PD)
  7.抗菌薬の併用投与
 B.経験的治療(エンピリックセラピー)の考え方
  1.主な感染症における経験的治療(エンピリックセラピー)としての抗菌薬選択
  2.経験的治療(エンピリックセラピー)の有効・無効の判断
  3.経験的治療(エンピリックセラピー)が無効な時の考え方
  4.経験的治療(エンピリックセラピー)とガイドライン
 C.抗菌薬の特徴と使い方
  1.ペニシリン系抗菌薬
  2.セフェム系抗菌薬
  3.カルバペネム系抗菌薬
  4.マクロライド・リンコマイシン系抗菌薬
  5.テトラサイクリン・モノバクタム系抗菌薬
  6.アミノグリコシド系抗菌薬(AGs)
  7.キノロン薬
  8.抗MRSA薬
  9.抗結核薬
  10.抗真菌薬
  11.抗ウイルス薬(HIVを除く)
  12.抗HIV薬
VI.感染制御
  1.感染制御の目標
  2.感染制御の組織
  3.感染制御における看護師とのチーム医療
  4.感染制御における臨床検査技師とのチーム医療
  5.感染制御における薬剤師とのチーム医療
  6.感染制御の実際
VII.感染症内科コンサルテーションのコツ
  1.精神神経科からのコンサルテーション
  2.産婦人科からのコンサルテーション
  3.整形外科からのコンサルテーション
  4.老健施設からのコンサルテーション
  5.救急部からのコンサルテーション
  6.脳神経外科からのコンサルテーション
  7.消化器一般外科からのコンサルテーション
  8.腫瘍科からのコンサルテーション
索引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.